キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

トラリピの心得 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指値が離れすぎたポジションを入れ替える

2013.05.02 (Thu)
キア : さて、早速だけど先日の記事の続きを書いていこう。前回の記事は指値が離れすぎたポジションをどう処理するかなので未読の方は読んでいただければと思う。

ルイ : 僕はもう内容知ってるんで続きお願いします。

キア : オウ。
   指値が離れすぎたポジションを入れ替えるの続きを読む »    
スポンサーサイト

指値が離れすぎたポジションをどう処理するか

2013.04.30 (Tue)
キア : 今回はまじめに今のクソポジションの処分について考えていきたいと思う。例えば現在の代表的なクソポジションとして、「スイスフラン円83.5円ショート」というのがある。

ルイ : えっと、今の相場は104円ほどなので、マイナス2000pipsオーバーじゃないですか!

キア : うむ。ちなみにこのポジションの指値が83円なんだけど、この指値がヒットする日がくるのだろうかというレベルなのがお分かり頂けると思う。このポジションは相場が102円になろうと105円になろうと、基本的に関係ないわけで、もっといえば83円になるまで動かすことができない。さらに・・・。

   指値が離れすぎたポジションをどう処理するかの続きを読む »    

やはり1000通貨だと心は乱れない!

2013.04.18 (Thu)
キア : 万単位の通貨量で取引していると、数円逆方向にいくだけでかなりの恐怖が襲ってくる。

ルイ : まあ普段の10倍とかのレベルですからね。

キア : たとえば豪ドル円の場合、最悪このまま55円とかまでいったらどうなってしまうんだという悪いイメージができあがる。

ルイ : そのことが損切りにつながり、それが結果的にしなくていい損切りにつながってしまったわけですね。
   やはり1000通貨だと心は乱れない!の続きを読む »    

俺としたことが損切りを早まったわ!

2012.10.25 (Thu)
キア : 口座をひとつにまとめる方向で、チマチマした計画を立てていたわけだが、面倒なのでその計画を破棄して損切りしちゃいました。

ルイ : 面倒だから・・ですか?らしくないですね。

キア : まずは証拠画像を見せる必要があるかどうか知らないか見ていただこう。

   俺としたことが損切りを早まったわ!の続きを読む »    

損切りはしてもただでは転ばない!

2012.10.23 (Tue)
ルイ : ついにトラリピで損切りしちゃったんですか?

キア : っていうか、この作業を損切りって言っていいのか?ってカンジなんだけど。

ルイ : 続けてください。

キア : 具体的にいこうか。我がポートフォリオには、トラリピ用ポジションとスワップ用ポジションがあり、たとえばかなり円安時にとったポジションの一つに、豪ドル円86.7円というものがある。ポジション量は2000通貨ね。

   損切りはしてもただでは転ばない!の続きを読む »    

多通貨トラリピの弱点

2012.10.03 (Wed)
ルイ : 豪ドル円が80円割れしてきましたよ。ちょっと焦ってるんじゃないですか?

キア : 確かにポジションが増えてきて、それに伴って含み損もけっこう増えてきている。でもこれくらいのレートは想定内なので、びびってるわけにはいかない。

ルイ : で、多通貨トラリピの弱点ですけど。

キア : そうだね、1通貨でトラリピをする場合、まあスワップの関係から豪ドル円を選択する人が最も多いと思うんだけど、為替レートがいくらでロスカットになるか、すぐに計算できると思う。

でも多通貨だと、たとえば豪ドル円が60円になった時、ドル円がいくらでランド円がいくらになってるかっていうのは、分からないわけだよ。ある程度の想像はつくかもしれないけど、厳密にはね。だから計算できないんだよね。

ルイ : うーん、だったらロスカットにならないためにどうすればいいんでしょう?
   多通貨トラリピの弱点の続きを読む »    

カスポジションの処分(損切り?)に着手する!

2012.09.21 (Fri)
キア : トラリピ用に取得したポジションは、やはりリピートしてなんぼだと思う。だけど全てのポジションがリピートするわけがなく、当然お荷物というか結果としてスワップ用みたいになってしまっているポジションがあるわけだ。

ルイ : 今の豪ドル円でいうと、85円より上で取得したポジションはその状況ですね。

キア : そういったものが数ポジション(0.1lot×5)あるわけで、これを処分する方向で検討していきたいと思う。

ルイ : 損切りってヤツですか?

キア : そのポジション単体で言えばそうともいうかもしれないが、なんとか相殺用とからめてプラスマイナスゼロあたりでケリをつけれるようにしたいと考えている。

ルイ : 具体的には?

キア : まず、85円ジャストで取得した0.1lotがある。取得日は今年の4月2日なので、かれこれ半年近くリピートしていないことになる。このスワップが現在1395円あるので、ポジション単体での損益分岐は約83.6円となる。

ルイ : スワップの効果はやはりあなどれないですね。

キア : で、昨日ちょっと円高になってたわけだけど、その時に81円で買えたポジションがある。このポジションは本当は81.5円で利確してるトラリピ用ポジなんだけど、限定的に利確を我慢する。どこまでかというと・・

(81+83.6)/2=82.3円までだ。

ルイ : つまりもともと85円で買ったものと81円で昨日買ったものを両方とも82.3円で決済することで、この2ポジションでプラマイゼロに持っていくわけですね。

キア : うむ。もし決済日が先になれば、そのころにはスワップもついて若干プラスになってフィニッシュできると思う。

ルイ : でももし相場が急騰したらもったいないことをしたって思うんでしょ?

キア : それはそうだけど、そもそも85円以上のポジションは外為どっとこむで、口座を統一したいのでなんとか処分する方向にもっていってるわけだ。

ルイ : なるほど。とりあえずは、「目指せ82.3円」なわけですね!

一撃必殺か細かく攻めるか

2012.08.10 (Fri)
キア : 今日はトラリピのポジションのサイズについて、考えてみたいと思う。

ルイ : どうぞ。

キア : 例えばだけど、いま1lot分投資できる余裕があるとする。で、豪ドル円の現在のレートが82円だとする。この時、どちらも50銭上で利益確定の指値を入れるとして、81.5円で買を1lot入れて指す場合と、81円から81.9円まで0.1lotずつ10銭刻みで指す場合、どちらの方がいいのか、という話なんだけど。

ルイ : うーん。まずリスクに関しては大局的に見た場合、ほとんど変わらないですよね。問題はリターンなわけですが。

キア : リターンは前者が1回リピートした場合5000円に対し、後者は500円だ。つまり前者が1回リピートするペースと後者が10回リピートするペースが同じだと、収益的にはほぼトントンになるわけ。

でも、やっぱり細かくした方が長期で見たときにペースアップする気がするんだよね。

ルイ : 攻め方を少し変えるわけですね。

キア : ただあまり細かくしすぎても手動トラリピだと面倒になるだけだから、1日2~3回リピートするくらいがちょうどいいかな。とりあえずメインの豪ドル円はほぼ固まってるんで、ランド円にもう少し手を加えていこうと思う。

今日は何言ってるかあまり伝わらないかもしれないな。駄作だぜ・・・。

ルイ : そういえば恐怖の円高が襲ってきませんね。

キア : 82円台でウロウロされるとトラップが少ない設定なんで、あまりうまみがないんだよね。今週末は微妙な報告になりそうだわ・・・。

8月は今の設定で乗り切れるのだろうか?

2012.08.02 (Thu)
キア : なかなか興味深いっていうか警戒に値するっていうかヤバイ記事を拝見したんだけど。

ルイ : 見せてもらいましょうか。

キア : じゃあ引用させてもらうよ。特にトラリピ派にとっては豪ドル円が重要だと思うので、ここをピックアップしてみよう。

--------------------------------------------------------

夏は円高になるってホント? 8月の為替相場、過去5年分まとめより

■豪ドル円
2007年 最大17円も暴落。
2008年 月初から月末まで下がり続けて8円超の下落。
2009年 上旬は上昇したものの、お盆時期を挟んで最大5円ほど下落。
2010年 お盆直前から大きく崩れて最大6円近く下落。
2011年 前半に急落が起き、最大10円近く急落。

--------------------------------------------------------


キア : どうだい?

ルイ : なかなか衝撃的じゃないですか・・。今の水準が82円として、5円下がれば77円、17円下がってもロスカットにはならないけど、精神に支障をきたすレベルですね。まあその後戻してくれるんなら問題はないですけど。そのへんはどうなんですか?

キア : まあ過去のチャートを見ればわかるとは思うけど、現時点では調べてません。

ルイ : ヤバいっていいながら調べてないんですか。危機感が足りないんですよ。


危機感



キア : 死なないと思ってますけど何か?

ルイ : 開き直りましたね・・・。

スプレッドに泣く?

2012.06.25 (Mon)
ルイ : 今日は主要通貨は全面的に円高になってますけど、具合はどうですか?

キア : 基本的にはロングのポジションが多いので円高になるとダメージがあるわけだけど、そんな中でもカナダドル円はショートのポジションでわずかにヘッジの効果がある。

それで今もってるうちの一つにカナダドル円78円のショートで77.5円で利確っていうポジションがあるのだ。

ルイ : それで?

キア : 今見ると、今日の最安値が77.47円になってたので、一見利確しているように見えるんだけど、今使ってる会社のカナダドル円のスプレッドが4銭で、その分を考慮すると77.51円なんでギリギリ確定できてないんだよね。

ちなみに現時点で77.59なんで、このまま円安になってしまうと、このポジションが確定されないままっていう悲しい結末を迎えることになる。

ルイ : 円安自体は歓迎なのに、なんかやるせないですね。ていうかもっとスプレッドの狭い業者を選べばいい話なんじゃないですか?

キア : まあそうなんだけど、選ぶにもいろいろなことを考えないといけないからねえ。たとえば、

1.スプレッドの狭さ
2.スワップの多さ
3.iphoneアプリの充実
4.会社の信頼性
5.1000通貨での取引可
6.約定のしやすさ

とか、とりあえず思いつくだけでもざっとこんなカンジか。

ルイ : うーん。今はデイトレをやっているわけじゃなく、長期目線で投資してるわけですから、「6」はひとまずおいといて、「5」は絶対にはずせないってところですかね。

キア : そうだね。もしこのカナダドル円が利確しなかったら、ちょっと業者をまた調査していくわ。

ルイ : みんなどこの業者使ってるんでしょうねえ・・・。

FX トラリピ派ブログランキング ←SBIFXトレードが流行っているようです。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。