キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末報告のデータをパワーアップ!

2012.09.30 (Sun)
ルイ : 恒例の週末報告の時間ですよ。

キア : ではパワーアップしたデータ集を見てもらおう。


2012-09-30_1106.png


ルイ : なんだか物足りないといっていた先週から一転、えらくややこしくなってしまったように見えますが・・・。

キア : 今までは豪ドル円のレートのみを表記していたが、トラリピしてる通貨すべてを表記することにし、さらにポジション量も追加した。ぶっちゃけ面倒なんだけどな。

ルイ : だったらなんで・・。
   週末報告のデータをパワーアップ!の続きを読む »    
スポンサーサイト

円高気味で多少苦しいが一つの小さな目標を達成!

2012.09.28 (Fri)
キア : 正直持っているポジションの比率から考えても、円高よりは円安の方が好ましいのだが・・・。

ルイ : 逆接の「だが」を使用したってことは、円高の中に一筋の光を見出したわけですね?

キア : うむ。スワップ用ポジションについてなんだけど、8月28日に豪ドル円で81.5円のものを0.2lotを取得していた。これを本日80.25円で決済することができたんだよ。

ルイ : えっと、いろいろ突っ込むところがあるんですけど、一つずついきますよ。まず、スワップ用ポジションなのになにゆえ決済しちゃってるんですか?

キア : より安いレートでひそかに買ったポジションがあり、それと入れ替えるためだよ。

ルイ : ほほう。それはいくらで?

キア : 80.25円で一昨日、つまり9月26日に取得したんだ。ここ最近ではかなり底で仕込めたポジションで、なかなか満足度の高いものになった。

ルイ : それはなぜそんな絶妙な位置で仕込めたんですか?
   円高気味で多少苦しいが一つの小さな目標を達成!の続きを読む »    

ランド円が万一史上最安値になれば、どれほどの損失を被るのか?!

2012.09.27 (Thu)
ルイ : えっと、キア的トラリピ戦略っていうのは豪ドル円がメインなんですよね。なんでランド円なんですか?

キア : ランド円はすでにすべてのポジションがSBIFXトレードで分かりやすいっていうのと、豪ドル円は色々作戦を練ってる途中っていうかコロコロ設定が変わるので、少なくとも口座が一つにまとまってからやりたいんだよね・・。

ルイ : それって数か月先ってことじゃないですか。まあいいや続けてください。

キア : 理想というか、一応の目標としては、史上最安値に到達したとしてもトータルでプラスという状態を大きな目標としている。もちろんそのレートを下回る可能性も否定できないが、まずは大きな目安としてね。
   ランド円が万一史上最安値になれば、どれほどの損失を被るのか?!の続きを読む »    

ランキング1位の真似事をする。その名も・・・

2012.09.26 (Wed)
キア : 昨日の記事を少しいじり、記事を読むときに「続きを読む」という形式にした。それだけならまあ簡単に設定できるんだけど、その直前にブログ村へのリンクを挿入している。

ルイ : 熱しやすく冷めやすいと評されるキアさんが、なんとか4か月ほど続いたこのブログですが、何か心境の変化でもあったんですか?

キア : トラリピランキングでここ最近は6位という順位が定着している。このブログへのアクセスはブログ村からが多くを占めていて、かなりお世話になっているといえるんだけど、順位があがればもちろんさらなるアクセスの増加を見込めるわけだ。

ルイ : 6位じゃ満足できないと?

キア : なんていうか、これはトラリピブログだけの話じゃないんだけど、上位ブログにはイカサマブログが混ざっていて、そういったブログを上回りたいわけだ。
   ランキング1位の真似事をする。その名も・・・の続きを読む »    

多通貨トラリピがゲームに思えてきた

2012.09.25 (Tue)
キア : ふと思ったんだけど・・・。

ルイ : どうかしましたか?

キア : ゲームにはさ、色々なタイプがあるだろ。たとえばドラクエのようなRPGとか、シミュレーションとか格闘ゲームとかさ。

ルイ : まあ有名どころは僕も多少は知ってますよ。ファイナルファンタジーとか。

キア : んでさ、タワーディフェンスっていう種類のゲーム知ってる?
   多通貨トラリピがゲームに思えてきたの続きを読む »    

リピートしそうにないトラリピポジの損切り計画第2弾に着手する!

2012.09.24 (Mon)
キア : 基本的にトラリピ派としては損切りは御法度なのだが、二つの口座を管理するのが面倒という理由もあり、例外的に損切りポジションを作っていこうと思う。

ルイ : とはいえ、あくまで相殺して気分的には損していないカンジで移行させていくわけですよね。

キア : なので、少しずつにはなるのだが、とりあえず手をつけていこうと思う。現在外為どっとこむに残っているものの中でまだ一番損失が少ないポジションは、4月2日に取得した0.1lotの豪ドル円85.5円だ。

スワップが1438円たまっているので、損益分岐点は84.07円としよう。

ルイ : で、本日取得した81.25円のポジションがあるので、この2つのポジションのど真ん中は・・・

(84.07+81.25)/2=82.66円ですね。このレートでダブル決済すると。

キア : うん、ここ数か月の動きを見ても84円台に達するのはかなり難しそうだけど、82.66円ならチャンスはある気分だな。この場合一時的に81.25→81.75間のリピートを外すので、そこで上下するような相場になると困るわけだけだが。

ルイ : 何かを得るためには何かを犠牲にしなければならないってわけですか。ちなみにもう少し下がれば81円ちょうどでトラリピ用のポジションが増えますけど、その場合はさらにいじっていくんですよね。

キア : とりあえずある程度は下がる分だけトラリピ用のポジションは増えていくんだけど、仮に80円まで下がった場合は、そちらで相殺する。つまり(84.07+80.00)/2=82.03で決済という形になる。

ルイ : 色々やってますけど、大局的な流れとしてはどういうプランですか?

キア : そうだね、とりあえず

1.外為どっとこむのポジションをなくす
2.何度か記事にしたことのある外為ジャパンのポジションもなくす
3.SBIFXトレードのみに口座資金を集中させる
4.カナダドル円の売りをやめてスイスフラン円の売りを増やしていく
5.豪ドル円、ランド円の売りポジションも適度にからめていく

といったところか。

ルイ : いま1なわけですけど、これを終わらせるのにどれくらいかかるんですか?

キア : まあ本気出したらっていうかもう完全に割り切って損切りすれば今すぐにでも終わるんだけど、相殺しながらなくそうとすれば数か月かかるかもしれない。まあ1~5は全て並行しながらやってるから、今年中にはなんとか意図したポジション取りができるようになっていきたいと思う。

ルイ : トラリピなのに全然ほったらかしてないわけですね・・・。

週足で1円ほど円高になったわけだが・・・

2012.09.23 (Sun)
キア : 週末の資産報告は今まで直接ブログに書き込んでいたんだけど、今週からこれもエクセルに書いたものを転載することにする。

ルイ : なんでまたやり方を変えたんですか?

キア : もともとエクセルの画像をコピーしてアップするのが面倒だからという理由だったんだけど、あるアイテムのおかげでそこまで面倒じゃなくなったってことと、単純にエクセルの方がキレイかなという理由だ。

ルイ : なるほど。じゃあ早速見せてもらいましょうか。


2012-09-23_1527.png


キア : 今までの週間報告で掲載していた情報は全てあるんだけど、なんか物足りない感じがするんだよね・・・。

ルイ : 何度かやってるうちに洗練されてくることを期待して、とりあえずデータの検証に入りましょう。

キア : お、おう。はっきり言って、今週の結果には満足している。

ルイ : 時価残高が先週比で2300円ダウンしてるのにですか?

キア : 分散投資しているとはいえ、やはり我がポートフォリオのカギを握っているのは、豪ドル円のレートだ。それが1円以上、厳密にいうと1.09円ほど円高になっているにも関わらず、ダメージは最小限に抑えられたといえる。

ルイ : そういわれてもあまりピンとこないんですけど。

キア : それはさらに前の週と比較するとよく分かってもらえると思う。とりあえずコピペで引用すると。

豪ドル円相場 81.33(12/09/09) 
自己資金    800,000円
確定利益     58,195円
評価損益    -37,136円
時価残高    821,059円

これが先々週のデータだ。

ルイ : ほほう・・。つまりまとめると、

先週比  1.09円の円高・・・時価残高2300円ダウン
先々週比 0.24円の円安・・・時価残高26000円アップ

ということになるわけですね。

キア : 分かっていただけただろうか。トラリピでずっとデータを取ってると、確定益が蓄積していく分、円高耐性がアップしていくのが実感できるってわけだよ。80円~83円あたりのレンジで推移してる限りはすごい安心感がある。

ルイ : 80円を切った時にどうなっていくかですね、問題は。

キア : その時はカナダドル円の売り0.5lotが役に立ってくれるはずだ。

ルイ : 0.5lotだと速攻で効果がなくなりそうですけど・・・。

キア : その時はその時だ。とりあえず円高はいつ襲ってくるか分からない。その時のダメージを今より減らすために、回転していないトラリピをぶった切る。次回はその損切り計画第2弾について話をしよう。

スプレッドてめええええええええええ

2012.09.22 (Sat)
ルイ : タイトルからやけに荒れてますね・・・。

キア : 昨日の記事で、「目指せ82.3円」といってたわけだが、この2つの画像をみていただきたい。ちなみにこの画像はマーケットが閉じた後に撮ったので、同時刻のものと思ってくれていい。

2012-09-22_0531.png

2012-09-22_0535.png

上がSBIFXトレード、下が外為どっとこむだ。今日注目してほしいのは、昨日の最高値、つまり上の82.3071と下の82.28だ。何が言いたいかというと・・

両口座ともに82.3円で指値を入れていたにも関わらず、SBIのみが約定した。




・・・なめてんの?

ルイ : 82.3円で決済できた事に関しては、

あなたが神か


といえるほど結果的にはナイス決済ですね。当日の最高値が82.3071で、すでに81.6円ほどまで下落しているわけですから。でも決済できなかった方は・・・

キラ : 通常どっちの口座も約定した場合メールが届くんだけど、6時過ぎごろだったかな、SBIは届いたけど外為どっとこむが届かないという状態だったので、嫌な予感がしてログインしたら82.28から少し落ちて82.2円くらいでモミモミしていたんだ。

で、その瞬間OCO注文に切り替えて損切り82円でガードしてたから、ダメージはそれほどないんだけどさ。ダメージがどうってことより、気持ちの問題でね。

スプレッドの広い業者を使っていると、ギリギリ約定しなかった場合、

これスプレッドが狭い業者だったら約定してたんじゃね?

って思うことがあってヤキモキしてたので、この事実は受け止めておきたいと思う。約定するかしないかによって、数銭のスプレッド差が大げさに言うと命取りになるわけだ。この差はデカイ。

ルイ : 身をもってレクチャーしていただき、勉強になりました。

カスポジションの処分(損切り?)に着手する!

2012.09.21 (Fri)
キア : トラリピ用に取得したポジションは、やはりリピートしてなんぼだと思う。だけど全てのポジションがリピートするわけがなく、当然お荷物というか結果としてスワップ用みたいになってしまっているポジションがあるわけだ。

ルイ : 今の豪ドル円でいうと、85円より上で取得したポジションはその状況ですね。

キア : そういったものが数ポジション(0.1lot×5)あるわけで、これを処分する方向で検討していきたいと思う。

ルイ : 損切りってヤツですか?

キア : そのポジション単体で言えばそうともいうかもしれないが、なんとか相殺用とからめてプラスマイナスゼロあたりでケリをつけれるようにしたいと考えている。

ルイ : 具体的には?

キア : まず、85円ジャストで取得した0.1lotがある。取得日は今年の4月2日なので、かれこれ半年近くリピートしていないことになる。このスワップが現在1395円あるので、ポジション単体での損益分岐は約83.6円となる。

ルイ : スワップの効果はやはりあなどれないですね。

キア : で、昨日ちょっと円高になってたわけだけど、その時に81円で買えたポジションがある。このポジションは本当は81.5円で利確してるトラリピ用ポジなんだけど、限定的に利確を我慢する。どこまでかというと・・

(81+83.6)/2=82.3円までだ。

ルイ : つまりもともと85円で買ったものと81円で昨日買ったものを両方とも82.3円で決済することで、この2ポジションでプラマイゼロに持っていくわけですね。

キア : うむ。もし決済日が先になれば、そのころにはスワップもついて若干プラスになってフィニッシュできると思う。

ルイ : でももし相場が急騰したらもったいないことをしたって思うんでしょ?

キア : それはそうだけど、そもそも85円以上のポジションは外為どっとこむで、口座を統一したいのでなんとか処分する方向にもっていってるわけだ。

ルイ : なるほど。とりあえずは、「目指せ82.3円」なわけですね!

ランド円スワップとショートトラリピ

2012.09.20 (Thu)
キア : ポジションが複雑になってきたと先日ぶっちゃけたところで、頭を整理するために各通貨ごとの動きをまとめようと思う。

ルイ : 豪ドル円が複雑なんで最後にして、簡単なところからいきましょう。

キア : まずはこの図を。

2012-09-20_1417.png


キア : 新規が赤字になってるのは「売り」ポジションでたてたことを意味している。もちろん青字は「買い」だ。そもそもなぜトラリピ用とスワップ用があるのかというと、トラリピはレンジに強く、スワップは円安に強いという理由がある。

ルイ : 円高の場合は?

キア : そこが残念なんだけど、スワップ用、トラリピ用のどちらも円高に対しかなり弱い。かといって円高にも円安にも強いなんていうことは不可能なので、円安時の攻撃力を下げるかわりに円高に対する防御力をわずかにあげる作戦に出た。

ルイ : それが上のバツ印と関係があるわけですね。

キア : 「バツ」ではなく「エックス」なんだけど、まあそれはいいとして、Xのポジションはスワップ用なのでいくら上下しようが基本的には決済しない。(本当は下落が進めば9.1のトラリピポジションとすり替えるんだけど、それはまた別の話・・・)

とにかく、ずっと決済するつもりがないということは、例えばレートが9.3→10→9.3となった時、スワップはたまるかもしれないけど10円までいった意味が全くないわけだ。

ルイ : むしろ10円の時に決済しとけば・・って思っちゃいますよね。

キア : そこに売りポジションを少しからめることで、9.3に戻ったとしても売りポジションの確定益が上乗せされるので、上のケースよりお金が増えているというわけだ。

ルイ : 買1lotに対して売り0.6lotに抑えていることで、円安が進みまくったとしても利益は増えていくわけですね。

キア : まあ売りポジションを抱えなかった場合の攻撃力を10とすると、4まで減るんだけどね。

ルイ : っていうかこれっていわゆる「くるくるワイド」ってヤツじゃないんですか?

キア : 確かに少し勉強させてもらったよ。でもあれはかなり難解で、自分でも基本の「き」くらいしか分かってない。多少似ている部分もあると思うんだけど。

ルイ : まとめると、9.3のスワップ用ポジション10に対して、9.5→9.3、9.7→9.5という売りポジション各3を絡めたってことですね。

キア : そういうこと!

ポジションが複雑になってきてヤバイ

2012.09.18 (Tue)
キア : 当ブログでは月に1回設定の見直しを行っている。

ルイ : 自己資金を月10万ずつ追加しているため、徐々に戦略の幅を広げているわけですね。

キア : そうなんだけど、多分始めたころは豪ドル円のみ、しかも買いトラリピだけで行っていたんだが、戦略を練っていくにつれて色々な通貨に分散している。また、一昨日宣言したようにスイスフラン円の売りも稼働しはじめたので、今では5種類の通貨で取引をしている状態だ。

ルイ : 急速に分散が進んでいますよね。たった数か月しかたってないのに。

キア : さらに、実はまだ記事にはしていない戦略も発動し始めている。

ルイ : 9月の戦略を全然守っていないわけですね。どんな戦略なんですか。

キア : 豪ドル円とランド円を両建てするという荒技だ。

ルイ : ちょっと待ってくださいよ。そもそも豪ドル円とランド円は売りスワップが高くて嫌だからカナダドル円とスイスフラン円で売りポジションを構築しているんですよね。円高に備える意味で持ってるポジションですが、役割がかぶるじゃないですか。

キア : まあ今のところ買いに比べて小ロットでやってるので、あくまでお試し用なんだけど、とにかく現在ロングポジションが3通貨に分散、ショートポジションが4通貨に分散と管理するのに無駄に複雑な状況になってきている。なんせ手動トラリピなのでね。

ルイ : トラリピのメリットはほったらかしで儲かるみたいなところにあるのに、それ本末転倒じゃないですか。

キア : その通り。しかも容易に想像できることは、今後さらに複雑化していくだろうってことだ・・・。

ルイ : いったいどうやって収拾をつけるつもりですか?

キア : MT4ってヤツの導入を考える時期に来ているのかもしれない。

ルイ : なんですかそれ。

キア : ぶっちゃけ、自動でトラリピができるらしいってことくらいしか分かっていない。

ルイ : 分かってること少なすぎでしょ!んでそれについてちょっと調べていこうっていう段階なんですね。

キア : うむ。でもさらに別の口座を開設しないといけないっぽいんで、それはそれで面倒なんだけどね。そもそもプラグラミングとかできないとダメっぽいし。

ルイ : まだまだ導入は先になりそうな雰囲気ですね。

キア : 当分は手動でセコセコやるしかないな・・・。

ポジションが二つ。貴方ならどちらを残しますか?

2012.09.17 (Mon)
キア : ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいかい?

ルイ : ぼ、僕でよければ・・。

キア : 例えば、豪ドル円でスワップ用のポジションを取ると決めた日があるとする。話を簡単にするために通貨量は1lotだとしよう。で、81円で取得したとして、その日のうちに80円まで円高が進んだので、80円でもポジションを取得してみた。

ルイ : ふむふむ。それで?

キア : そのまま翌日になり、レートが82円になっていたとする。けれど、もともと予定していたポジションは1つなので、そのどちらかのポジションを決済したい。ルイならどちらを利確して、どちらを残す?

ルイ : 80円を利確したとしたら、「2万円の確定益+81円のスワップ用ポジション(含み益1万)」が残り、81円の方を利確したら「1万円の確定益+80円のスワップ用ポジション(含み益2万)」が残るわけですよね。どっちでも同じことなんじゃないですか?

キア : その後相場がどう動いたとしても、確定するレートさえ同じならもちろんトータルの損益は変わらない。なのになぜだろう。80円のポジションを残した方が円高耐性が強い気分になるのは・・・。

ルイ : 仮にその後80.5円になったとして、81円を残していたら-5000円の評価損益に対し、80円を残していたら+5000円の評価損益ですもんね。ポジションを確認した時の心理的な違いだけだと思いますけど、心理的に嫌なら80円を残せばいいんじゃないですか?

キア : 確定益がその分減ってはいても、それ以外のポジションで確定した分があるからあまり気にならないもんなあ。損益は同じでも、心理面で余裕が(たとえ気のせいだとしても)できるっていうのは案外重要なのかもしれない。

今週もほぼ理想的な相場だった!

2012.09.16 (Sun)
ルイ : 今週は週足ベースで82円台を回復してきましたね。

キア : とりあえずデータを見てもらおう。

豪ドル円相場 81.33(12/09/09) 
自己資金    800,000円
確定利益     58,195円
評価損益    -37,136円
時価残高    821,059円

豪ドル円相場 82.66(12/09/16) 
自己資金    800,000円
確定利益     65,336円
評価損益    -15,966円
時価残高    849,370円


ルイ : かなりいい感じじゃないですか!

キア : トラリピ口座資産推移一覧を見てもらっても分かるとおり、目標金額をも約1か月ぶりに上回るという結果に正直満足している。

ルイ : 確定利益もすでに今月14000円を突破して、先月分をすでに超えてますよ。

キア : まあ確定利益だけを増やすのは簡単なんだけど、評価損益を減らしつつということで、順調といえるかな。あと、82.5→83円の以前から完全にお荷物となっていた0.4lotのポジションを決済できたというのもでかい。

ルイ : 確かに。9月も半分終わりましたが、新たな戦略はありますか?

キア : 思ったほど機能していないのが、カナダドル円のショートトラリピだ。為替差損はもちろんだけど、スワップも地味に少しずつマイナスが蓄積されていて、気分のよいものではない。そこで、スイスフラン円のショートに組み替えていこうかと考えている。

ルイ : また少しマニアックな通貨ですけど、根拠とかは?

キア : 売りスワップがプラスなのがユーロ円とスイスフラン円の2つで、かつユーロ円は歴史的高値が170円ほど(現在102円)に対し、スイスフラン円は110円ほど(現在84円)と、最大レベルの警戒値までの値幅が限定されるという理由かな。

ルイ : それでも26円程度、円安余地を残してるってのは怖くないですか?

キア : 書きながら少し怖い気持ちも出てきたところだけど、リスクを恐れていてはなにも始まらないのでお試しで参入してみることにする。

ルイ : お手並み拝見・・ですね。

計算が合わない理由は何?!

2012.09.15 (Sat)
キア : 早速だが本題に入らせてもらう。まずはこの画像を見てくれ。

2012-09-15_2315.png

ルイ : 見ましたけど。

キア : 昨日言ったように、円安でランド円のスワップ用ポジションをすり替えることに成功した。

ルイ : この9.3円で約定したポジションは指値を入れていないってことで、これが今後のスワップ用ポジションとなるわけですね。

キア : そういうことだ。だが、今議論したいのはそのことではなく、上のBidの値に注目してほしいのだが。

ルイ : 9.5388円ですね。10000ZARっていうのは一万通貨、つまり95388円分の価値があるってことですよね。バッチリでしょ?

キア : そのはずだ。で、約定価格を見ると?

ルイ : 9.3円なんで、93000円で買ったってことですよね。差引95388-93000で2388円儲かってるってことでしょ・・・ってアレ?

キア : これがどういうわけか、評価損益の部分が2378円になってるよね。どうしてだと思う?

ルイ : 初心者の僕に分かるわけないじゃないですか。どうしてなんですか?

キア : さっぱりわからない・・・。

ルイ : まあいいじゃないですか、10円くらい。

キア : いや、10円がどうとかっていうのは確かにどうでもいいんだけど、何故10円ずれているのかってことなんだよね。何かとんでもなく初歩的なことを勘違いしているのだろうか。分かる人は教えていただけると助かります・・・。

スワップ用ポジションをより安値で所有する戦略

2012.09.14 (Fri)
キア : スワップ用ポジションは現在、以下のようなものがある。

2012-09-09_2116.png

キア : この表自体は9月9日のものだけど、実際は9月11日に追加したものもあり、レートや損益は今とは違うんだけど、とりあえず今回はランド円に注目してほしい。

ルイ : 取得から3か月ほど経って、損益分岐が0.1円ほど下がりましたね。順調なのでは?

キア : それ単体で見ると順調といえなくはないけど、スワップ、スプレッドを考えてもやはりスワップ用ポジションもSBI FX トレードに移行しようと思う。新規だけでなく、現在所有中のポジションも含めて。

ルイ : ってことはこのランド円を手放すつもりってわけですか。

キア : そのつもりなんだけど、ただ手放すのではなく、よりよいポジション取りを行う。具体的には、このポジションは9.5円で取得しているとはいえ、スワップにより損益分岐が9.39円まで下がっているため、それ以下で新たなポジションを取得できればいいと考えた。

で、現在ランド円トラリピにより9.3円で取得したポジションがある。これは本当は9.5円で決済して2000円の利益確定となるべきモノなんだけど、このポジションを9.5円になっても決済せずに代わりに上記のスワップ用ポジションを決済してみよう。それで入れ替え完了というわけだ。

そもそも超長期で持つ予定のポジションなんで、なるべく円高な状態で取得したモノを残しておきたいと思った次第で。

ルイ : なるほど。でもキアはこの「成立日時」に意味を持たせていたのでは?

キア : それが変化してしまうのが名残惜しいんだけど、その項目を例えば今日すり替えたとすると12/9/14(12/6/11分)とでもしようかな。6月11日の魂を継いでるぜ的な。

ルイ : 読んでる人からしたら意味分からないんでエクセル上だけにしてブログには出さない方がいいと思いますけど・・・。

キア : ですよね。そうすることにするわ。ところで・・・

ルイ : まだ何か?

キア : 昨日のINポイントの件ですが、みなさんの応援でけっこうなポイントが集まりました。頑張って記事を書きますので今後ともよろしくお願いします。⇒ブログ村ランキング

ルイ : 感謝の心は忘れてはいけませんよ。

ブログ支持率の下落・・・だと?!

2012.09.13 (Thu)
キア : はあ・・・・。

ルイ : どうしたんですか、ため息なんかついちゃって。

キア : ちょっとこれを見てくれよ。


2012-09-13_2142.png

ルイ : 見方がいまいち分からないんですけど、何ですかこれ?

キア : このINポイントっていうのは一言でいうと、ブログの人気ポイントで、このブログではいわゆる「ベジータのMをクリックしてくれた人の数」を表している。一回のクリックに対し、10ポイント入ると思ってくれ。

ルイ : なるほど。例えば9月7日は11人が押したということで、10日だと5人ってことですね。で、10日以降は常に10人を切ってるっていうか、まあ、支持されてないと?

キア : その通り。この画像では1週間分しか見れないけど、おそらく9月に入ってからはずっと100ポイント以上をキープするくらいの割合だったんだけど、なぜかここ数日一気に減ったんだよね。10日にいきなり50とかなった時はスカウターが壊れているのかと思ったほどだが、どうやらそうでもないみたいだ・・。

ルイ : ぶっちゃけみんな飽きてきたんじゃないですか?トラリピも言うほど儲かってませんし。

キア : そろそろ潮時かもな・・・。

ルイ : みなさんの応援で成り立ってます。気に入ってもらっている方はブログランキングに清き一票を!

計画通りスワップ用ポジションをベスト位置で取得!

2012.09.12 (Wed)
キア : 美しい・・・。

ルイ : なんですかいきなり。

キア : 今日は永遠のスワップ用ロングポジションを獲得する日だったんだけど、覚えてるかい?

ルイ : まあほんの二日ほど前に公言してましたからね。もちろんじゃないですか。それでなにかいいことでもあったんですか?

キア : この画像を見てくれたまえ。

2012-09-11_2334.png


キア : 見てほしい部分というのは、安値の部分だ。これは本日の最安値のことだけど、Bidが1豪ドル80.7413円の瞬間があったということを意味している(と思う)。

ルイ : (と思う)って何ですか?

キア : いや、この安値と高値っていつも思うんだけど、どっちの値段の動きを表してるのかわかってないんだよね。Bid(売値)のことなのか、Ask(買値)のことなのか。

あ、今ちょっと調べてみたらSBI証券に以下のように書かれていた。(これがSBI FX トレードも同様なのかどうかは分からないけど、たぶん一緒だと仮定する。)

高値・・・当営業日の最高値(BID)
安値・・・当営業日の最安値(BID)

ルイ : つまり、Bid(売値)の最安値が80.7413円だったということですね。

キア : おそらく。すなわち、スプレッドが0.85銭なので、Ask(買値)の最安値が80.7498だったことになるんだけど、意味分かる?

ルイ : 分かります。

キア : ここまで言えば俺が今日いくらで永遠のスワップ用ロングポジションを仕込めた(買った)か分かるだろ?

ルイ : ま、まさか・・・。80.7498円ですか?だとしたら歴史に名を残せるレベルですよ!

キア : せいかい・・・じゃなくってハードル上げすぎだろ。ズバリ80.75円だぜ。


2012-09-12_0000.png


ルイ : 変なところで運使っちゃいましたね。

キア : え、ていうか褒めるとこなんだけど・・。

ルイ : す、すごい。これはあの名セリフが使えるレベルですよ!!

キラ : 僕は・・・


164d933f9023010e876df4cb38f26921.jpg




p.s. 上記会話の最後が「キア 」ではなく「キラ」になってることに気付かなかった人は罰としてベジータを100回押してください(爆

確定幅が狭すぎるってどうよ?!

2012.09.11 (Tue)
キア : まずスプレッドは手数料だと認識しているか?の続きということを理解していただき、話を進めていく。

ルイ : 特に新規ポジションから決済ポジションまでの確定幅について。ですね。

キア : うん。前の記事で、50pips分の利益を得るために2pipsの手数料(スプレッド)を払う場合、手数料の占める割合は3.85%と言ったけど、この確定幅をたとえば20pipsに狭めた場合、2:22=X:100となり、X=9.09。つまり手数料を9%も支払っているということになる。

ルイ : 9%ですか!うーん、5%以上は正直払いたくないですねえ。

キア : ちなみに現在の俺の設定を説明すると、SBIFXトレードの場合、豪ドル円でスプレッド0.85銭、利益確定幅50銭となっている。同様に計算すると、0.85:50.85=X:100 でX=1.67%となる。

ルイ : 1.67%ならまあ払ってもいいレベルですね。でも今キアは確定幅50pipsなんですよね。これをより広げる、つまり100pipsとかにすればもっと手数料の占める比率を下げることができるんじゃないですか?スプレッドっていうのは一律なんですから。

キア : その通り。その場合は0.85:100.85=X:100となるので、0.84%まで下がるし、さらに確定幅を広げることで手数料比率は下がることになるのだが・・・。

ルイ : 歯切れが悪いですけど。

キア : それはまた別の問題が出てくるんだけど、話がややこしくなるので別記事で扱うことにする。で、今までは取引コストとしてスプレッドのみを考慮してきたけど、ここにスワップを加味することで事態はさらに別の様相を見せる。

ルイ : 「スワップ」って何ですか?

キア : ってことで次回、スワップについて考えてみることにしよう。

ルイ : 分かりました。でもひとつ言わせてもらっていいですか?

キア : ん?

ルイ : これって<FXの基礎知識編>の記事にしては話がちょっと難しいんじゃないですか。あ、僕は分かりますけどね。

キア : 初心者が読むと挫折するかもしれないね。

ルイ : じゃあどういった層に向けての記事なんですか?

キア : さあ・・・。

スワップ用ポジションの追加戦略を考える

2012.09.10 (Mon)
キア : さて、以前作った時よりも形式が少し変形しているのだが、ほとんどの人にとってどうでもいいことなので、特にどこがどう変わったかは触れずに話を進めたい。

ルイ : まあ図を見ればわかると思うんでいいんじゃないですか。とりあえず見せていただきましょう。


2012-09-09_2116.png


キア : 1点だけ大きく変わったというか、追加した部分があるんで、そのことだけ言っておこうと思う。

ルイ : せっかく作ったから言いたかったんですね、分かりますよその気持ち。

キア : ど、どうも・・。で、追加項目というのは「損益分岐ライン」という部分なんだけど、ポジション別、また通貨ペア別にどのレートでプラマイゼロになるかを表示させた。

というわけで、この表を判断材料にしながら9月11日に追加するポジションについていくつか考察したいと思う。といってもポジションを買う日は確定しているので、豪ドル円にするかランド円にするか、くらいしか考えることがないんだけれども。

ルイ : ふーむ。どうポジションを増やしていきたいかというと、過去に買ったものより有利な条件で積み増しができればベスト。ってことですよね。

つまりもし上で示しているレートだとしたら、迷うことなく豪ドル円を選択するけど、豪ドル円80円でその時ランド円9.3円とかだったらどうしようって事なんですよね?

キア : そういうことだね。何か明確なルール設定ができればいいんだけど。

ルイ : ちょっとリスキーだけど面白いアイデアを思いつきました。

キア : ほう。

ルイ : スワップ用ロングポジションを取得する日限定で、普段トラリピ用に設定してあるポジションを全てロングポジション候補として取得する。つまりまあランド円に関してはスワップ用とトラリピ用で同じ通貨数なんであれですけど、豪ドル円はトラリピ用が0.1lotでスワップ用が0.2lotでしょ。その日だけトラリピ用も0.2lotにするわけです。

それでたとえば81円と80.5円が取得できれば、80.5円だけ永遠に残して81円はその1回のみ0.2lotで運用する、と。どうですか?

キア : それで豪ドル円、およびランド円で取得できた一番割安なポジションを比べて、あとからじっくり吟味すると?

ルイ : まあそんな感じです。

キア : んー、ざっと問題が2点ほど思いつくが。

ルイ : なんですか?

キア : その一、当日が全面的に円安だった場合、新規ポジションが取得できない。その二、全面的に円高だった場合、ポジションは取得できるものの、一気にポジション量が増えて夜もおちおち寝られない。

ルイ : その一はまあ、最悪夜の11時半くらいに無理やりポジションを取りましょう。その二はですね、んー。頑張って耐えてみるとか。

キア : 頑張って耐えれたら苦労しないんだけど・・・。お世辞にも理論的とは言えないが、面白そうだからちょっとやってみることにしようか。

ランド円トラリピがいい感じ

2012.09.09 (Sun)
ルイ : 今週の結果発表の時間がやってきました。早速データを。

豪ドル円相場 80.85(12/09/02) 
自己資金    800,000円
確定利益     50,969円
評価損益金     -45,834円
時価残高    805,135円

豪ドル円相場 81.33(12/09/09) 
自己資金    800,000円
確定利益     58,195円
評価損益金     -37,136円
時価残高    821,059円


キア : 結局週末の雇用統計で円高方向に戻されるハメになってしまったわけだが。

ルイ : でも先週末の時点ではこの報告で時価残高が80万を切ると思われてたのに、回復してよかったじゃないですか。

キア : 確かに、80円割れからの急回復のおかげで、確定利益がこの木、金で7000円ほど積みあがったからね。

ルイ : 1回のリピートで基本500円の利益なわけですけど、7000円ってことは14回もリピートしたんですか?

キア : これは実はランド円による効果がけっこうでかい。ランドはそれほど動かないこともあり、10000通貨で取引してるわけだけど、9.3→9.5 9.4→9.6 という二つのトラリピが発動し、4000円ゲットできたわけだ。

ルイ : ランドも歴史的にかなり安値圏なので、10円を切ってるとある程度攻めれるのかもしれませんね。

キア : 10円台とかでは一切ポジションを持っていないので、個人的に攻めやすい状態だな。でもおかげでランドのトラリピポジションがなくなってしまったので、再度下がってくれるとありがたい。

ルイ : 来週はどうなるんでしょう?

キア : どうなるか、は分からないけど、ボックスの動きをしつつ円安方向期待で!

スプレッドは手数料だと認識しているか?

2012.09.08 (Sat)
キア : スプレッドについて話を続けていきたいと思う。まず、極端な例だがFX取引業者で2銭、銀行で1円の場合を比較してみると、80円を基準とし、左が売値、右が買値だとすると

FX取引業者・・・79.99ー80.01
銀行・・・・・・79.50-80.50

このようになるのではないだろうか。

ルイ : 売値と買値の差がスプレッドですから、確かにそんな風になるっぽいですね。

キア : このブログでは主に1000通貨単位で売買をしているので、1000通貨買うとすると、上は80010円、下は80500円必要ってことになる。で、前回話したようにもしこの瞬間に売ったとすると、上は79990円、下は79500円で売れるってことだ。

ルイ : つまりスプレッド2銭だと、20円のマイナスで済みますが、1円だと1000円マイナスになるってわけですか・・。でも買った瞬間売るくらいなら初めから買わないと思うんで、この作業を仮定することに意味はあるんですか?

キア : もちろんだ。ここでまたこのブログでの話で恐縮だけど、1000通貨につきいくら利益が出たら決済することにしているかというと、「500円」なので、FX取引業者の例だと520円分、つまり52pips上昇すればいいのが分かるかな?

ルイ : 一応分かります。それが銀行だと・・・150pipsになるわけですか?

キア : その通り。500円儲けるために1000円手数料を払ってるようなもんなので、これでは儲かるわけがないよね。

ルイ : 銀行がいかにぼったくりかって話ですね。

キア : で、今のは極端な例だけど、FX取引業者がどこも2銭ってわけじゃない。そもそもスプレッドは手数料みたいなもんで、確実にぶんどられる部分なので、そのパーセントをどの程度許容できるのかって話に進みたいと思う。

ルイ : 了解です。

キア : 今挙げた例、つまり50pips分の利益を得るために2pipsの手数料(スプレッド)を払うというのは、割合として何%を占めているかわかるかな?

ルイ : 2:52=X:100ってことで、約3.85%ですかね?

キア : 多分そうだと思う(爆

で、ルイだったら手数料として払う割合ってのは、何%程度まで払ってもいいと思える?

ルイ : うーん、少なければ少ないほどいいのは勿論ですけど、5%以上は払いたくないですね。

キア : そうだね、だって例えば1万円稼いだとして、手数料として1000円も取られたら気分はよくはないからね(厳密にいうと手数料を先に取られるんだけど)。じゃあさらに質問だけど、この手数料を減らすためにはどうすればいいと思う?

ルイ : スプレッドの狭い業者を利用するのが手っ取り早いんじゃないですか。

キア : そうだね、それともう一つ。新規ポジションから決済ポジションまでの確定幅を広げることも重要だと個人的には考えている。まあこれに関しては広ければいいってもんでもないんだけど、狭すぎるのはどうなの?って思うわけ。

ルイ : 具体的に話をしてくれると助かります。

キア : そろそろ疲れてきちゃったな・・。

ルイ : 需要があるかどうか民意を問うというわけですね・・。

キア : まあ、目次用記事なんで需要がなくても書くけどね(照

80円割れからの回復でトラリピラッシュ!

2012.09.07 (Fri)
キア : つい先日、豪ドル円80円割れで気分は・・・という情けない記事を書いたばかりなんだが。

ルイ : 先日っていうかほんの二日前ですよ。

キア : まあいいじゃないか。ちなみに今日の気分はこんなカンジですかね。


夜神月 計画通り



ルイ : たしかに「自信にあふれた画像を使えるように頑張ってください」とは言いましたけど、めっちゃ悪そうな顔してるじゃないですか。てかそもそも計画通りだったんですか?!

キア : んー、80円の攻防というのはかなり意識されるラインのはずで、そこを割り込んできたときは焦ったけど、まあ78円までは来るなら来てみろという姿勢だったんでね。ひとまず安心というのが本音だけど。

ルイ : たしかに昨日の夜からだけで5000円ほど確定益が増えましたからね。今月の目標は16000円なんで、ほぼ3分の1ですね。さらにもちろん時価残高も自己資金を上回ってきたわけでしょ。

キア : 当然だ。でもこんな2円程度の動きで一喜一憂できるくらい時価残高が動くってことは、ちょっと危ういポジション量であることの裏返しな気もするんだけどね。

ルイ : もう少し円安になってもらって、上のポジション量を減らす方向に舵を取りたいところですね。ところで今日は夜9時半に雇用統計というランクSSの指標がありますけど。

キア : その結果は現段階では分からないけど、円安が加速する動きになってくれれば理想的だな。

ルイ : 結果は週末のデータ報告で、ですね。

キア : うむ。

スプレッド2銭ってどうなの?

2012.09.06 (Thu)
キア : 今日は少しスプレッドについて話を進めていこうと思う。

ルイ : 基礎知識編的なアレですか?

キア : そうだけど、単に「スプレッドって何?」ってレベルで終わるつもりはないので、とりあえず聞いてほしい。まずはこの図を。

スプレッド


キア : これは外為どっとこむの豪ドル円のレートだけど、80.34が売値で80.36が買値ってことを意味している。

ルイ : 豪ドルが欲しい時、80.36円出せば1豪ドルと交換できる、つまり80.36円=1豪ドルの関係が成り立つわけですね。

キア : そういうこと。まあ実際にはほとんどの業者が1000通貨が最小購入単位なので、1000通貨買いたい場合は80360円必要になるってことだ。このレートは秒単位で変化していくんだけど、もし買った瞬間に売るとすると、80340円となって20円損することになるよね。

この売値と買値の差をスプレッドといい、FX業者の儲けになる部分なわけだ。

ルイ : なるほど、買った瞬間マイナスになるわけですか。この場合でいうと、1通貨あたり0.02円分ってわけですね。

キア : そうなんだけど、0.01円=1銭ってことで、「円」ではなく「銭」を使って表すのが普通だ。上のケースだとスプレッド2銭ということになる。ちなみに1銭のことを1pipsというので、そちらもあわせて覚えておいてくれ。

例えば豪ドルを80円で買い、80.5円で売れれば「50pips抜いた」とかいうわけだ。

ルイ : それって「50銭抜いた」でいいじゃないですか。なぜわざわざ「pips」とか使うんですか?

キア : FXってのは円を介した取引だけじゃないからね。「豪ドル円を買う」っていうのは「円を売って豪ドルを買う」ってことだけど、「ユーロドルを買う(ドルを売ってユーロを買う)」とかもあるんだよ。まあ基本的には円を介した取引がメインだから、このことはそれほど気にしなくていいけど、理由としてそんな感じかな。

ルイ : 分かりました。しかしまさか2007年生まれの僕が「銭」という単位を使うことになるとは思いませんでしたよ。昭和じゃないんだから。

キア : えっと、誤解しないでほしいんだけど、俺が生まれた時代でも通貨の最小単位は「円」だからね・・。で、このスプレッド2銭について、どういう印象をもつかな?

ルイ : ないも同然っていうかそんなはした金でいいの?ってカンジですね。1通貨あたり2銭とかじゃなく、1円くらい払ってやりますよ、僕なら。

キア : 実際に銀行とかだとそれくらいスプレッドが広いって聞いたことがあるけど、たしかにスプレッドが1円とか言われても、安いって感覚を持ってしまうよね。でもこの1円というのがどれほどの衝撃か、次回話していきたいと思う。

ルイ : なんか数日前の記事と同じ展開になってきた気がするんですけど。

キア : 気のせいだろ・・・。

豪ドル円80円割れで気分は・・・

2012.09.05 (Wed)
キア : 一言でいうと・・・


20090306151208.jpg


このようなカンジでしょうか。

ルイ : これは・・。デスノートでおなじみの天才夜神月じゃないですか!

キア : シーンをイメージして速攻でWeb上から拾ってきましたよ。

ルイ : どんだけ漫画好きなんこの人。

キア : あとはエヴァンゲリオンからもなにか引用しようかとたくらんでいるので、お楽しみに。

ルイ : ってFXの話してくださいよ。

キア : まああれだ。上の画像では大げさにしているが、実際のところはそれほどやられているわけではない。

まあついに時価残高が自己資金を下回ったけどな


ルイ : それ十分やられてますよ・・・。

キア : トラップも78円まで用意してるから、78円ジャストまで円高になってポジションマックスからの急回復!っていうシナリオで復活予定だ。

ルイ : そううまくはいかないでしょうけど、問題は9月11日に予定しているスワップ用ロングポジションですね。「超長期目線」で考えればなるべく円高になったところでポジションを保有したいところですけど、その辺どうです?

キア : あと1週間でさらに落ちるのか、回復するのかは分からないけど、79円くらいで持てれば気持ちイイんじゃね?

ルイ : トラリピでの思惑とスワップ用の思惑が交錯してて、難しいところですね。

キア : まあなるようにしかならないんでね。

ルイ : こんど画像を使うときはもっと自信にあふれたモノを使ってくださいね。やられてるシーンなんて見たくないですから!

キア : ガンバリマス!

1円増えたら嬉しいのか?(通貨数とlotの関係)

2012.09.04 (Tue)
ルイ : この記事はなぜ損したり得したりするの?の続きなんで、そちらからどうぞ。

キア : ご苦労。さて、「1円増えたら嬉しいのか?」ということだけど、なぜ嬉しいか?

ルイ : あまりこんなことは言いたくないですけど、「貧乏だから」じゃないんですか。いくらお金がないからって今時1円じゃ5歳児も喜ばないですよ。

キア : そりゃそうだ。でもちょっと待ってくれ。昨日挙げた例ってのは、100円で1ドルを買った場合の話だろ。じゃあもし1000円で10ドル買ってたら、ドル円が101円になって円に戻したとき、いくらになるか分かるよね?

ルイ : えっと、1010円ですから、10円得したことになりますね。あ・・。

キア : 気付いたようだね。この「当たり前の事実」に。

ルイ : ということは、1万円で100ドル買ってたら100円得し、10万円で1000ドル買ってたら1000円得し、100万円で10000ドル買ってたら1万円得してたってこと・・ですか。

キア : そういうわけ。ここで通貨数とlot数に関する説明を補足しておくと、ドル円でいうと

10000ドル買うことを10000通貨、もしくは1lot買うと表記する。

このブログ内ではlotで表記していることが多いんだけど、この事を押さえておいてほしい。もちろん0.1lotというのは1000通貨のことだ。業者によって違うこともあるんだけど、俺が話をする時には10000通貨=1lotの意味だと思ってほしい。

ルイ : 分かりました。キアはだいたい0.1lotずつ購入してるんで、1円円安になれば1000円得するわけですね。

キア : まあそうなんだけど、もう少し考えてみてほしい。購入するときは確かに0.1lotずつだけど、実際には買ったドルを売らずに追加で何度も購入してるからね。

具体的には今だと豪ドルを1.8lot購入している状態なので、豪ドル円相場が1円動けば18000円動くレベルなんだ。それ以外の通貨も持ってるわけだから、破壊力はそれ以上あると思っていい。

ルイ : チマチマやってると思ってましたが、意外とビビる量ですね。1円円高になれば18000円マイナスになるってことでしょ・・。

キア : まあね。でも1円円安になれば日18000円得するわけだから、やっぱり嬉しいだろ?

ルイ : 侮れませんね、1円の変化ってやつが。5歳児もビックリです。てか18000円あればプリキュアのおもちゃも買いたい放題じゃないですか!

キア : おもちゃとか所詮5歳児よのう。ってか男なのにプリキュアってどうなの・・・。

なぜ損したり得したりするの?

2012.09.03 (Mon)
キア : 例えば、だ。ドル円が100円だとしよう。これはどういう意味かというと、1ドル=100円で取引が行われている、つまり100円玉で1ドル紙幣と交換できるってわけだ。そこでルイ君のなけなしの100円玉で1ドル紙幣をゲットしたとしよう。いいかい?

ルイ : なけなしかどうかはおいといてまあ続けてください・・。

キア : これが1ドル=99円という相場になったとき、ルイ君の持ってる1ドル紙幣を円に戻したくなったとする。そうすると99円に換金されてしまい、1円損するという事態が起こるわけだ。

ルイ : なるほど。逆に言うと、100円で1ドル紙幣を手に入れた後、例えば「ドル円が102円」になれば、円に戻した時に2円得するわけですね。

キア : その通り。簡単な理屈だろ。

ルイ : 理屈はまあ簡単ですけど、そもそもなぜ値段が変わるんでしょうか?

キア : それはまあ一言でいうと需要と供給のバランスで決まるわけだ。

「ドル」を欲しい人>「円」を欲しい人 という関係の場合、ドルの価値が上がり、円の価値が下がる。そうなると1ドル紙幣を手に入れるために100円ですんでいたのが、100円以上、具体的には101円とか110円とか、そういう関係になってくるわけ。

ルイ : それをいわゆる円高っていうわけですね。

キア : それが逆なんだよ。ここが間違えやすいところなんだけど、ドル円相場が100円から101円になるってのは、円高じゃなく円安なんだ。そもそも円高ってのは円の価値の上昇を表すので、100円で1ドルに交換できたものが101円出さないと交換できない時点で円の価値は下がってるってことなんだ。

ルイ : ふむふむ。じゃあ円安は円の価値の下落を表すわけですから、ドル円相場が100円から99円になるみたいな方向の動きですね。

ところで1日にどの程度動きがあるもんなんですか?

キア : ドル円だとまあ1円動く日は稀なんじゃないかな。

ルイ : 1円も変わらないんですね・・。じゃあ最後にまとめ的な質問しますけど、ドル円相場が100円の時に僕がゲットした1ドル札をですよ、ドル円相場が101円になった時に円と交換すれば101円になるわけですよね?

キア : うん。

ルイ : その時手元に増える額って1円だと思うんですけど、それって嬉しいもんなんですか?

キア : ヤバイね。

ルイ : な、なんで?(キアって貧乏なのか?それとも1円を笑うものは1円に泣く的な?)

キア : 次回・・・通貨数とlotの関係とは?

原資割れのピンチ

2012.09.02 (Sun)
キア : あまり気乗りはしないが、週末報告といこうか。

ルイ : 先週末と比較してみましょう。

豪ドル円相場 81.89(12/08/26) 
自己資金    700,000円
確定利益     50,969円
評価損益金     -29,302円
時価残高    721,667円

豪ドル円相場 80.85(12/09/02) 
自己資金    800,000円
確定利益     50,969円
評価損益金     -45,834円
時価残高    805,135円


キア : ヤバイヨヤバイヨ。

ルイ : 一応まだプラスじゃないですか、出川さん落ち着いて!

キア : ん、ああ。俺としたことが取り乱しそうになってしまった。

ルイ : ちなみに現時点での目標額は約84万円なんで、35000円ほど足りませんけど。

キア : その件については少しふせといてくれるかな。第一の目標は、「自己資金を下回らないこと」なんだから。その目標も来週末には下回る予定だがな(照

ルイ : ええっ!やけに弱気ですね。

キア : 「自己資金を下回る」ことは精神的につらいんだけど、トラリピで稼ぐ(リピートする)ためには「ロスカットにならないレベルで円高になる必要もある」と思うんだよね。もちろん戻ってこなければスワップで耐えるしかないわけだけど・・。

より高く飛ぶために低くしゃがむ事だって僕らには必要なんじゃないかい?

ルイ : なんかカッコイイセリフで締めたつもりでしょうけど、なんかのパクリでしょ。

キア : 「パクリ」っていうか「引用」と言ってくれるかな・・・。

9月はこの設定で攻めるか!

2012.09.01 (Sat)
キア : さて、週末報告は日曜にやると決めているので、今日は9月のトラリピ設定を公開しようと思う。


2012-09-05_1629.png


ルイ : ふむ。ドル円とランド円に関してはかなりトラップ幅を限定してますね。しかもドル円は30pipsで確定ですか。

キア : あまりにも動かないんでしびれを切らしちゃってね。その2通貨に関してはこれ以上下がるとしても値幅が限定されると思うから、まあいいかなと。

ルイ : トラップ幅から簡単に外れてもおかしくないと思いますけど、その場合はどうするんですか?

キア : 9月の間は「放置」するしかないね。どの通貨も今はちょうどいい感じの位置にあるけど、10月になってから考えるわ。

ルイ : しかし豪ドル円の83.5、84、84.5円の3つをスワップ込みのプラスマイナスゼロラインで決済したのは結果的にファインプレーだったと思いますけど、「82.5円の0.4lot」は完全にやられましたね。

キア : その位置にしょうもないポジションをとってしまったせいで、80円に仕掛けていた0.3lotを解除しなきゃいけなくなってるからな。まあいつか決済できるときのために、気長に持っておくとするよ。

ルイ : 円高傾向でちょっと控えめになってるわけですね。でもまだ80円台だから余裕でしょ。本当にあせりはじめるのは・・・

キア : 豪ドル円78円を切ること。それまでに少しずつでもリピートして損益分岐点を下げたいものだな。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。