キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定幅が狭すぎるってどうよ?!

2012.09.11 (Tue)
キア : まずスプレッドは手数料だと認識しているか?の続きということを理解していただき、話を進めていく。

ルイ : 特に新規ポジションから決済ポジションまでの確定幅について。ですね。

キア : うん。前の記事で、50pips分の利益を得るために2pipsの手数料(スプレッド)を払う場合、手数料の占める割合は3.85%と言ったけど、この確定幅をたとえば20pipsに狭めた場合、2:22=X:100となり、X=9.09。つまり手数料を9%も支払っているということになる。

ルイ : 9%ですか!うーん、5%以上は正直払いたくないですねえ。

キア : ちなみに現在の俺の設定を説明すると、SBIFXトレードの場合、豪ドル円でスプレッド0.85銭、利益確定幅50銭となっている。同様に計算すると、0.85:50.85=X:100 でX=1.67%となる。

ルイ : 1.67%ならまあ払ってもいいレベルですね。でも今キアは確定幅50pipsなんですよね。これをより広げる、つまり100pipsとかにすればもっと手数料の占める比率を下げることができるんじゃないですか?スプレッドっていうのは一律なんですから。

キア : その通り。その場合は0.85:100.85=X:100となるので、0.84%まで下がるし、さらに確定幅を広げることで手数料比率は下がることになるのだが・・・。

ルイ : 歯切れが悪いですけど。

キア : それはまた別の問題が出てくるんだけど、話がややこしくなるので別記事で扱うことにする。で、今までは取引コストとしてスプレッドのみを考慮してきたけど、ここにスワップを加味することで事態はさらに別の様相を見せる。

ルイ : 「スワップ」って何ですか?

キア : ってことで次回、スワップについて考えてみることにしよう。

ルイ : 分かりました。でもひとつ言わせてもらっていいですか?

キア : ん?

ルイ : これって<FXの基礎知識編>の記事にしては話がちょっと難しいんじゃないですか。あ、僕は分かりますけどね。

キア : 初心者が読むと挫折するかもしれないね。

ルイ : じゃあどういった層に向けての記事なんですか?

キア : さあ・・・。
関連記事

コメント

なかなか興味深い記事ですね
スワップと利益確定の問題は悩ましいですね。

現在の豪ドルのスワップは概算で80円/一万通貨ぐらい。

スプレッドが2銭とすると、

ポジションを建てたレートから、50銭上がったところで確定し、
60日ぐらいで元のレート以下に下がれば問題ないですが、
戻らなかった場合は、利益確定しない方でスワップを貯めたほうが良いですね(*^_^*)

利益確定したほうがいいのか?
しない方が良いのか?

さらに、豪ドルのスワップが下がったらどうなるか?

この問題は、私も悩んでいます(*^_^*)
> しらいゆうきさん

確かにそういう考えもありますが、僕が次回もっていこうと思っていた展開とは話が違いますw

「スプレッドの差はスワップで埋まる」という趣旨なので、ポジションを保有する期間が短期より長期の方がいいのでは?という内容です。

いつ書くか分かりませんが、お楽しみにw

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。