キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジションが二つ。貴方ならどちらを残しますか?

2012.09.17 (Mon)
キア : ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいかい?

ルイ : ぼ、僕でよければ・・。

キア : 例えば、豪ドル円でスワップ用のポジションを取ると決めた日があるとする。話を簡単にするために通貨量は1lotだとしよう。で、81円で取得したとして、その日のうちに80円まで円高が進んだので、80円でもポジションを取得してみた。

ルイ : ふむふむ。それで?

キア : そのまま翌日になり、レートが82円になっていたとする。けれど、もともと予定していたポジションは1つなので、そのどちらかのポジションを決済したい。ルイならどちらを利確して、どちらを残す?

ルイ : 80円を利確したとしたら、「2万円の確定益+81円のスワップ用ポジション(含み益1万)」が残り、81円の方を利確したら「1万円の確定益+80円のスワップ用ポジション(含み益2万)」が残るわけですよね。どっちでも同じことなんじゃないですか?

キア : その後相場がどう動いたとしても、確定するレートさえ同じならもちろんトータルの損益は変わらない。なのになぜだろう。80円のポジションを残した方が円高耐性が強い気分になるのは・・・。

ルイ : 仮にその後80.5円になったとして、81円を残していたら-5000円の評価損益に対し、80円を残していたら+5000円の評価損益ですもんね。ポジションを確認した時の心理的な違いだけだと思いますけど、心理的に嫌なら80円を残せばいいんじゃないですか?

キア : 確定益がその分減ってはいても、それ以外のポジションで確定した分があるからあまり気にならないもんなあ。損益は同じでも、心理面で余裕が(たとえ気のせいだとしても)できるっていうのは案外重要なのかもしれない。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。