キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランド円スワップとショートトラリピ

2012.09.20 (Thu)
キア : ポジションが複雑になってきたと先日ぶっちゃけたところで、頭を整理するために各通貨ごとの動きをまとめようと思う。

ルイ : 豪ドル円が複雑なんで最後にして、簡単なところからいきましょう。

キア : まずはこの図を。

2012-09-20_1417.png


キア : 新規が赤字になってるのは「売り」ポジションでたてたことを意味している。もちろん青字は「買い」だ。そもそもなぜトラリピ用とスワップ用があるのかというと、トラリピはレンジに強く、スワップは円安に強いという理由がある。

ルイ : 円高の場合は?

キア : そこが残念なんだけど、スワップ用、トラリピ用のどちらも円高に対しかなり弱い。かといって円高にも円安にも強いなんていうことは不可能なので、円安時の攻撃力を下げるかわりに円高に対する防御力をわずかにあげる作戦に出た。

ルイ : それが上のバツ印と関係があるわけですね。

キア : 「バツ」ではなく「エックス」なんだけど、まあそれはいいとして、Xのポジションはスワップ用なのでいくら上下しようが基本的には決済しない。(本当は下落が進めば9.1のトラリピポジションとすり替えるんだけど、それはまた別の話・・・)

とにかく、ずっと決済するつもりがないということは、例えばレートが9.3→10→9.3となった時、スワップはたまるかもしれないけど10円までいった意味が全くないわけだ。

ルイ : むしろ10円の時に決済しとけば・・って思っちゃいますよね。

キア : そこに売りポジションを少しからめることで、9.3に戻ったとしても売りポジションの確定益が上乗せされるので、上のケースよりお金が増えているというわけだ。

ルイ : 買1lotに対して売り0.6lotに抑えていることで、円安が進みまくったとしても利益は増えていくわけですね。

キア : まあ売りポジションを抱えなかった場合の攻撃力を10とすると、4まで減るんだけどね。

ルイ : っていうかこれっていわゆる「くるくるワイド」ってヤツじゃないんですか?

キア : 確かに少し勉強させてもらったよ。でもあれはかなり難解で、自分でも基本の「き」くらいしか分かってない。多少似ている部分もあると思うんだけど。

ルイ : まとめると、9.3のスワップ用ポジション10に対して、9.5→9.3、9.7→9.5という売りポジション各3を絡めたってことですね。

キア : そういうこと!
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。