キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定損益と評価損益は同じレベルで考えるべきでしょ?

2012.10.26 (Fri)
キア : 今日は確定損益と評価損益について少し論じようと思う。

ルイ : どうしてですか?

キア : ここの部分を曖昧にして、情報操作しているサイトがあるんだけど、見過ごすわけにはいかないんで。

ルイ : 大きく出ましたね。ところで評価損益っていうのは?

キア : まず確定損益は読んで字のごとく、損失なり利益なりを確定させている状態であり、評価損益っていうのはいわゆる含み損益、つまり確定させていない状態のものだ。

キア : で、そうだな、例えば。

ケースA 確定損益 +10万 評価損益+10万
ケースB 確定損益 +10万 評価損益  0
ケースC 確定損益 +10万 評価損益-10万
ケースD 確定損益 +10万 評価損益-20万

このようなケースがあるとしよう。

どれも確定損益だけでみると+10万円だが、実際には状態が全く異なるということだ。

ルイ : 時価ベースで考えると、ケースA,Bはプラスであるものの、ケースCはプラスマイナスゼロ、ケースDはマイナスというわけですね。

キア : そういうことになる。この4つのケースでどの状態かをもし選べるとしたら、誰もがケースAを選択するに違いないと思えるレベルだ。それを実際はケースDの状況にも関わらず、10万儲かってます。と言われると違和感を通り越して悪意すら感じる。

というか評価損益を無視していいのなら、確定損益なんぞいくらでも増やしていけるよ。はっきり言わせてもらうと、

ケースDとか全然儲かってませんから!

てかむしろ損してますからっ!残念!

ルイ : そのネタ異次元の古さですよ、僕がまだ生まれてない頃ですよね・・。じゃあなんで知ってるんだって話なんですけどね。でもまあ、確かにそうですね。っていうか当たり前のことしか言ってない気がするんですけど。ちなみに情報操作しているサイトっていうのはどこのことですか?

キア : それを言ってしまうと、大人の事情でこの弱小ブログが消される恐れがあるのであえて踏み込まないでおこう。俺はただ、情報を鵜呑みにしてはダメだよと警鐘を鳴らすに留めることにする。

ルイ : 今回の記事は敵が増えてもおかしくない内容ですね。っていうか怖いんですね、大人の世界って・・・。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

投資目的と時間軸
そうですかね?
金融商品会計基準にもあるように、全てを時価評価する必要はなく、投資目的に応じた評価をしてもいいんじゃないですか?
トラリピのスタート時点は、投資の性質上、含み損の方が多くなるのは必然ですし。

デイトレとは、全く投資の時間軸がちがいますので。

別に僕は金融のプロではないので難しいことはわかりませんが(汗

含み損ができるのは必然ですから、初期段階ではトラリピでは負けている状態がある程度続くという考えです。その時期はまだ「勝ちの状態ではない」という認識ですね。
同感
個人の記録を公開して満足しているようなブログだったら、まあ、いいかなとも思いますが、アフィリエイトなどをやっているブログで、そういうこと書いてあると、やはり悪意を感じますよね。

どちらにしても、投資に関して初心者が多いと思われるトラリピ、誤解を与えないように書いてほしいですよね。
私もキアさんに一票
実際、「本物の」トラりぴ「だけ」している人は、ビックリするほど含み損ありますね(*^_^*)

私も

『「トラりぴ」している人はみんな儲かっている?』

って記事書きましたが、実際確定損益しか書いてない人が目立つのも事実。

>ケースD 確定損益 +10万 評価損益-20万

これは問題外としても

ケースE 確定損益 +30万 評価損益-20万

ぐらいの人はゴロゴロいそうですね(*^_^*)

その資金でその設定でトラップトレード?
「それ無理ちゃうか」と突っ込みたくなるのも多いですよね(*^_^*)

損益の偽装どころか、実際の取引しないで、デモでの取引とか、自分で架空の取引を作って勝っているように見せかけ、FX会社とか商材とかに誘導するやついるんでは?

個人的には「取引で勝つ」より、有料メルマガとか商材売った方がもうかると思うし(*^_^*)
(実はそれが目的でブログ書いていたりして(*^_^*)

でも勝っていないのに、そう見せかけるのは詐欺ですわ。
>フンコロガシさん

擁護ありがとうございますw
やっぱり時価ベースだとトラリピの場合大きくマイナスになる月がでてきますからね。今年の5月とか。その瞬間撤退しようと思って決済すれば損失が出るってことはやはり儲かってないってことですもんね。

>しらいゆうきさん

>「それ無理ちゃうか」と突っ込みたくなるのも多いです
これは同感ですね。ここ数か月の相場だとそれくらいの方が利益が出まくると思いますが、豪ドル円が70円とかになるとそういう設定の場合一網打尽になるとひそかに思ってます。

まあそうなると僕の設定でもダメージは避けられませんが、ざっとマイナス20万程度だと思うんで原資からすればまだまだ耐えられるはずです。たぶんw
私はちょっと考えが違います。

私はスワップ運用をメインにしており取得したポジションは決済はしません。(平均取得単価を下げるのにポジションを入れ替える時はありますが・・・)
よって、評価益が出てもそれは「絵に描いた餅」
そのような評価益・評価損に一喜一憂していては精神的に持たないと思いますので気にしないようにしています。

でも、実際は気になってしまうのですけどね。

そのためにもレバレッジを下げて評価損がでても不安にならないようにしてます。
私はトラリピ一本ですが、時価残高についてはあまり気にしないようにしています。
理由ですが、たしかに集計した時点で決済するのなら最重要項目です、しかし続けるのであれば常に動いている数字ですし、そこまで気にすることもないのでは?と思うからです。
まぁ自論ですが「含み損は将来の利益」ってことで割り切ってる感じです。

ただそれを利用してのアフィやら商材販促はいただけないですねー。
そんなに儲かってるなら商材とかアフィとかしなくてもいいだろうに・・・。
> 飛呼弥さん

結局レバが1倍だとしても、100円で買ったものが80円になってしまえば僕の中では「その時点では」負けですね。仮にいつか戻る、またはスワップで補てんできるとしても、それまで資金が拘束されてしまうわけですから。

>赤山ルビス(♂)さん

「含み損は将来の利益」は今の相場だとたまたまそうかもしれませんが、ポンドとか数年前に250円だったわけです。その時点でトラリピ開始してたら200円切るレベルで強制ロスカットしてると思います。

まあ裁量派できっちり損切りできる人からすればスワップやトラリピとか危険極まりない行為なので、このブログの存在そのものが全否定されかねないんですけど・・。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。