キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手動トラリピの短所(デメリット)とは?

2012.11.05 (Mon)
キア : さて、相場自体は今のところたいした動きもないので、今日はあえて現在の手法である手動トラリピの短所(デメリット)を紹介したいと思う。

ルイ : 「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」ってわけですね。

キア : 微妙に違う気もするけど、まあいいや、続けよう。

ルイ : ハイ・・・。

キア : まず一つめというか結局のところ後に紹介する弱点もこれに起因するわけだけど、注文が決済されたときに再度自分で新規のイフダン注文を入れないといけないということ。

ルイ : トラップ幅が大きかったりするとそんなに忙しくはないんですけどね。実際今のところどうですか?苦痛ですか?

キア : ぶっちゃけ今くらいの幅だと全然苦痛ではない。というかむしろ楽しいくらいだ。だって「再注文しないといけない=利益確定があった」ってことだからね。問題ない。

ルイ : なるほど。ではほかのデメリットは?

キア : これは先週実際にやってしまった失敗だけど、再注文したと思っていたら実は気のせいで注文できていなかったってヤツだ。

ルイ : 気のせいって・・。そこはしっかり管理してれば防げるミスなんじゃないですか?

キア : まあそういう噂もある。で、他にも注文数量を間違えるということも何回か経験済みだ。

ルイ : 基本1000通貨でやってるのに間違えてしまうんですか?

キア : 基本1000通貨でやってるからこそ間違える、といっておこう。

ルイ : どういう意味でしょうか?

キア : ポジションの9割が1000通貨でやってるものの、まれに2000通貨のポジションがある。またランド円は基本5000通貨でやってるんだけど、これが初期設定が1000通貨になってるためにそのままレート設定してしまい、気付いたらランド円の注文まで1000通貨になってしまったってこともある。

ざっとこれくらいだろうか。

ルイ : 後は寝てる間に激しく上下したりして、自動だとリピートできてたのに寝ているがゆえに再注文ができてなくて取り損なうっていうのもあるんじゃないですか?

キア : 一般的にはいいセンついてるとは思う。これはトラップ幅が狭いと起こりやすいと思うけど、今のところ50銭幅なので起こることはほとんどない。っていうか記憶にない。なので個人的には気にしていないかな。

ルイ : とりあえず人為的なミスをなるべくなくすよう努力しないといけませんね。

キア : そういう意味ではおっちょこちょいな人には向いていないのかもしれない。

ルイ : 先週そのミスをした人がいっても説得力がないんですけど?!

キア : ごもっとも!!
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

よくやります・・。
僕もその手の凡ミス、よくやりますね。

以前、株主優待目的で、何度か所有しようかと思ったGMOインターネットの株、買いすぎたり、売りすぎたり、買い注文を入れたと勘違いしたり、何度も何度もミスをしているうちに、株価が上がってしまい、なんだか買えずに今に至ります・・。

仕事だったら、こっぴどく怒られそうなミスですね(笑)
やっぱやっちゃいますよね。ちょうどパソコンの前に居るときとかだとすぐに注文できるんでいいんですけど、外にいるときだと決済メールがあっても忙しくて後回しになったりしてつい忘れてしまうんですよね・・w

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。