キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むぅ・・。両建てトラリピの弱点が露呈しとる!

2012.11.22 (Thu)
キア : 円安はまだ続いているわけだが、いわゆる「スワップ派」や「通常のトラリピ(ロングのみ)」をやってる方々は、笑いが止まらない相場なのではないだろうか。

ルイ : 両建てにするとトラリピの特性である「レンジに強い」という効果は倍化しますが、「円安も警戒しなければならない」という制約が生まれますからね。

キア : トラリピを始めてから円安がこんなに進むのはこれが初めてのケースだったので、あまりうまく対応できていないのが現状だ。というわけで・・

キア : 強制的に裁量のポジションを建てることにする。

ルイ : 普通に今のところ売りのポジションが上回っているわけですが、この裁量ポジションをどの程度とるのかが難しいところですよね。とりすぎて円高になったら、今度はそのポジションがお荷物になるわけですから。

キア : そうなったら最悪なので、そのポジションに限ってはある程度下にロスカットを設けて攻めるしかない。

ルイ : 普段のトラリピは1000通貨でやってるわけですけど、ざっと10倍の10000通貨でヘッジしてみたらどうですか?

キア : まあ円安に対して防御力をあげるにはそれくらいのレベルで介入するしかない。ロスカットにひっかかるくらい戻るのなら、円安感も一服しているに違いないという読みだ。

ルイ : 最悪なのはそのロスカットにきれいにひっかかってその後再度上昇ってパターンですけどね。

キア : そうなったら冷静でいられる自信がないからいったん全決済するかもしれんわ。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

豪ドルでは怖いので
>ざっと10倍の10000通貨でヘッジ

これは怖いでしょう(*^_^*)

>最悪なのはそのロスカットにきれいにひっかかってその後再度上昇

再び焦って、追いかけて、やっと捕まえたと思ったら、それが天井だったとか(*^_^*)

大体、こういう時動いたらいけないんですよね(*^_^*)

ロングだけで円高になるのじっと待っている人いますよね。

でも、私は突き抜けて一日で戦略変えて追いかけはじめました(*^_^*)

豪ドルでは怖いので、NZドルで相場を追いかけます。
円高に戻っても豪ドルよりはリスク小さいでしょう。

もともと、NZドルへもシフトする戦略でしたし(*^_^*)
10000通貨もってやっと買と売のポジション比が1:1近くになるので、そのこと自体が怖いということはないんですが。

NZは豪ドル円に比べてそういったメリットももちろんあるかもしれませんが、スワップが少ない、スプレッドが広いという2つの理由で僕は豪ドル円で攻めようと思います。それより豪ドル円のショートとか2度としないでおこうと思いましたね、今回の件で。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。