キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益に占めるスワップ益の比率が予想以上にデカイ!

2012.12.10 (Mon)
キア : 昨日の時点での話だけど、時価残高が1206208円だったわけで、そのうち自己資金が1100000円なので、実質106208円を稼いでいることになる。

ルイ : まあ金額的にはたいしたことありませんけど、元本に対する増加ペースとしては順調そのものですよね。

キア : 今年の目標は推定12万ほどだけど、来年は40万~50万になるはずだ。元本が増えてるからね。で、それはいいとして、その106208円の内訳などうなってるのか、ということを調べてみたわけだ。
ルイ : 内訳といってもいろんな分け方があると思いますが。たとえば豪ドル円でいくら、ランド円でいくら、という風に通貨別に見たりとか。

キア : そういう観点からもたまに見てるんだけど、ここでは「為替差益」による利益なのか、「スワップ益」による利益なのか、という点から分類してみたいと思う。

ぶっちゃけトラリピメインでやってるわけだけど、スワップによる利益の比率ってどの程度だと思う?

ルイ : んー、スワップが多い豪ドル円、ランド円のトラリピに加え、マイナススワップのカナダドル円のショートやほとんどスワップのないドル円、スイスフラン円など、あれこれ手を出してますからね。

ざっと10~20%程度かと思われます。根拠は特にありませんけど。

キア : なるほど。内訳を公開すると、為替差益による利益は76057円、スワップによる利益が30150円だった。計算してみるとわかるけど、利益全体に占めるスワップの割合は28.4%だった。

ルイ : ほほう。想像以上にスワップが利益に貢献している、と言えますね。

キア : トラリピでは基本的にポジションは塩漬けにしたくない。けどそのポジションもスワップを稼いでくれるということを考えれば、長期的には無駄にならないということを再認識した次第だ。

ルイ : スワップの高いポジションはたしかにそうかもしれません。ただ、現在の頭痛の種は80円及び80.5円で所有している豪ドル円のショートトラリピですよね。このポジションは決済されるまで延々とマイナススワップがたまっていくわけで、まさに負の遺産というカンジですけど。

キア : やはりロスカットしてしまうべきだろうか?

ルイ : おまかせします・・・。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。