キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラリピをやっててイライラすること

2012.12.17 (Mon)
キア : トラリピをやっててイライラすることがあるんだけど、なんだか分かる?

ルイ : 全然わかりません。

キア : 即答だね・・・。早速見解を述べると、それは誰もが思うことだと思うんだけど、「あと1pipsで決済できてたのにそこからグイグイ反転してしまった」という状況だ。

ルイ : それは小数第2位までの表記の場合ですよね。例えば今日の豪ドル円なんかだと、89円に指値を入れていたにも関わらず、88.99円で反転していつのまにか88.3円まで下がってるやん・・みたいな。

キア : そういうこと。まあリアルな話、SBIFXトレードだと今日のBIDの最高値は88.9960だったんで、あと0.4pipsだったのに。って状況だったわけだが。

ルイ : 残念すぎましたよね。けど究極的にはあと0.01pipsだったのに、つまり88.9999まで行ってたのに反転したってケースも起こりうるわけですね。

キア : それは悲しすぎるけど、逆にジャスト~1pips未満のギリギリ約定できてから反転した場合、それはSBIFXトレードのスプレッドの狭さゆえに約定できたわけであって、広いスプレッドの業者だとハンカチをかみしめないといけない状況だったかもしれない。

そう言う意味で、スプレッドの差というのが想像以上に損益に影響を与えうると思っておいていいと思う。

ルイ : 確かにそうですね。けど今日89円で指値が刺さったFX業者とかもあるんですかね?

キア : ないと信じたいところだけど、実際はどうなんだろう・・・。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。