キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは下手すぎてFXやめた方がいいレベル

2013.04.17 (Wed)
キア : 先日仕掛けた爆弾が爆発したのは、おそらくいつも読んでくれている読者の方はうすうす気づいているのではないだろうか。

ルイ : 100円になったら損切りするって公言してましたからね・・・。

キア : あの記事を書いてる時点ではぶっちゃけ100円まではさすがに下がらないでしょって思ってたわけだが。

その2日後には100円割れてるってどういうことなん?
ルイ : ご臨終しちゃいましたか・・・。

キア : 思い出したくないので詳細は省かせてもらうけど、とりあえず20倍界王拳が失敗に終わったとだけ書かせてもらう。

この原因を追究すると、そもそも身の丈にあっていない数量でやってしまったことが損切りの原因になってしまったわけで、普段のポジションが1000通貨なのにいきなり20000通貨とかでやれば正常な判断ができるわけがない。

ルイ : しかも今のところそこそこ戻してますから、まさに「狼狽売り」ってやつですよね。

キア : というわけで、超久々にマイルールを追加することにした。

マイルールその3 一度に注文できる単体ポジションはマックスで3000通貨とする。(ランド円以外)

これはあくまで一つのポジションがってことで、1000通貨のポジションを複数もって1万通貨分とかになるのは別にかまわないし、3000通貨ってのも相当な局面でしかもたないこととする。

まあ今すでに101円ジャストで持ってるけどな

ルイ : けどそれだと3000通貨のポジションをいくつももてるわけで制限してる意味がないと思うんですけど。

キア : そのへんはルールが整備されてないゆえに適当なカンジになってしまってるので、同時に持てるのは1つだけということを追加しておこう。

ルイ : これで大敗は避けられますかね?

キア : どうだろ・・・。

人気ブログランキング ←2日間更新がなかったのは軽く頭を冷やすためだったりします。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

No title
>狼狽売り

裁量取引では止むを得ないでしょう(*^_^*)

私など、ユーロの売りを損切りするつもりで、様子を見ていたら、損切りできないレベルまで戻ってしまいました(;一_一)「狼狽売らず」ですかね?

しかも、下で新たに建てたポジションを「円高に進むと見て」早い段階で全部利益確定していますからね(;一_一)

ちなみに、FXはじめた当初に、3万通貨持って、ギリシアショックでいきなり30万のビハインドを抱えた私は、それ以降1ポジションで1000通貨までしか持ったことないです。(*^_^*)
豪ドルロングで50000です。
102.50付近で押し目と思いポジってしまいました。

一時、20万近くの含み損の時はさすがに焦りましたがトレンドは円安を維持という大方の予想を信じて未だ保持しております。

なんとか多少戻してはくれていますが未だに4万ほどのマイナスです。

やはり1000通貨単位でコツコツが一番ですね。
No title
ルール以前に、トラリピ+スワップのスタイルを崩して裁量やってるのが問題なのでは?
過去記事読んでませんので、キアさんの今のスタイルはわかりませんが、ブログタイトル見ると、トラリピ+スワップとなっていたので。。
No title
>しらいさん

1000通貨は物足りない気もするけど、生き残るためには普段の値動きでは物足りないくらいの方がいいのかもしれません。

今日の動き程度なら余裕で眺めてられますからね・・w

>tosiさん

50000はデカイですね。まだまだ僕の器ではもてる数量ではないので、コツコツ積み重ねていくしかないです。

100円割れでも持ってたってことは損切りはなしですか。一歩間違えればヤバイことになるんじゃないですか!

>南雲さん

裁量は確かに基本戦略ではないんですが、あまりに一方的に動く場合は多少ヘッジをきかせておかないととんでもないことになるので、たまにもつことがあります。今回はかなり戻したことでヘッジが解消されたということです、いいように言えば。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。