キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラリピのリスク考察編~その2~

2013.05.10 (Fri)
キア : この内容は「その2」と書かれていることからも分かるとおり、前回の記事を完全に踏襲しているので、未読の方はそちらからご覧になっていただきたい。

ルイ : 僕がリンクを貼っておきましょう。たしかトラリピのリスク考察編~その1~ですよね。

キア : ご苦労。ではいきなりだけどドでかい表を貼りつける。

2013-05-10_2145.png

ルイ : えらく縦長になってしまいましたね・・・。

キア : まあやっつけ仕事だから仕方ない。「その10」くらいまでいったら洗練されてくることを自分に期待しよう。

ルイ : まあいいです。で、この表の見方ですけど。

キア : 昨日の記事を理解してもらったうえでの話になるけど。

ルイ : 完璧です。

キア : だったら、この表に「下落幅10円」という部分があるわけだけど、その部分の右側がマイナス105000円になってることが分かると思う。つまり、最初のポジションから10円下落した場合の含み損の合計を示している。

ルイ : これはあくまで1000通貨ずつ0.5円刻みでしかけた場合ですよね。

キア : そうだ。そして、この表で何をお伝えしたいかというと、10円下落した場合はマイナス105000円なのに対し、20円の下落だとその倍の損失とかでは到底収まらない、ということだ。

ルイ : 一瞬20万くらいのマイナスになるのかと思ったら、41万ですからね。

キア : もちろん一直線に逆方向に進むわけではないので、その間にもリピートによる確定益は積みあがるわけだけど、まずカバーしきれない含み損だ。

ルイ : スイスフラン円で経験済みですもんね。

キア : うむ。「その3」を書く際にはグラフ化してみようと思うので、気を長くして待ってもらえたらと。

人気ブログランキング ←そろそろ円高期待。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

No title
実際問題として、20円ぐらい円高に進むことはありえる想定なので、(というよりこの半年で20円以上円安に進んだんですよね)対策立てないといけないですね。

私は一応想定して、いくらになったらどうする決めています。

計算上は強制ロスカットにはならないんですが、問題はメンタル面。資金の30%を失うようだと撤退したくなりますね。
No title


うーん…
リスクはバネ、みたいな?\(^o^)←


No title
>しらいさん

目下大苦戦中のスイスフラン円ですが、23円くらいは円安になってるんでつらいところです。まあ上のシミュレーションのような単純なポジションは構築していないのでまだましですけど、これが30円円安になったらと思うと・・・。

>はる
けっこう遅い時間まで起きてるんだね・・・。
いよいよ水曜に始動(指導)だな!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。