キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵を産む金のニワトリを育てるのだ!

2013.05.20 (Mon)
キア : お金を増やすためには、コップからあふれた水を飲みなさい的な格言があるとかないとか。

ルイ : 卵を産む金のニワトリの話じゃなかったんですか!

キア : そっちの方が分かりやすいのでそっちで話をすることにしよう。

ルイ : よろしくお願いします。

キア : まず、次の画像を見てもらおう。
2013-05-20_2316.png

これは現在取引中のSBIFXトレードの画像だ。分かる人には簡単だと思うけど、一応説明しておくと、

2012年10月8日に、ランド円のレートが8.8円の時に1万ランド分購入した

ということを意味している。そしてこの画像をとった瞬間のレートが10.8419で、為替差益が20419円、スワップ益が2813円ある。ということも。

ルイ : 自慢ですか?

キア : 他にマイナスになってるポジションも山ほどあるので、特に自慢するという意図は全くないわけだけど、とにかくそういうポジションがひとつあるわけだ。

で、このポジションが破綻しないためにはレバレッジが1倍だとすると88000円かかって維持し続けることになり、まあそれだけ資金が拘束されることになる。もちろん今は安全圏なので、やばくなってからの追加資金投入でもいいわけだけど。

ルイ : ふむふむ。

キア : 重要なのはこのスワップ益で、これはだいたい今だと1日に14円くらい増えることになっている。つまり88000円でニワトリを買い、そのニワトリが1日あたり14円の卵を産むという図式だ。

ルイ : なるほど、このニワトリをチキンにして食べてしまわない限り(ポジションが解消されない限り)、卵を産み続けてくれるってわけですね。

キア : そういうわけだ。で、完全にこのポジションが損をしないゾーンに入るためには、ニワトリが死んだ時点で産んだ卵の総数の価値が88000円を超えている、というケースだよね。

ルイ : それには途方もない年月がかかりそうなんですけど・・・。

キア : 実際にはいろいろな要因があって1日14円とは限らないんだけど、それはひとまずおいといて、上の式が成り立つと仮定した場合、いったいどれくらい年月がかかるのか、また続きをかくまでに計算してみてよ。

ルイ : 分かりました、その間におでこを押しとけばいいんですね。

ベジータ : モタモタするなよっ!
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

No title
ランキング順位また上がってますね(*´∇`*)
続きが楽しみです!
No title
ランキングがあがってるのかよく分からないけど、Sはとりあえずネカフェめぐりでもしてベジータ乱舞しといて^-^


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。