キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジションを有利にする為に

2013.06.19 (Wed)
キア : さて、相場にあまり動きがないので、新口座についての記事でも書こうかと思う。ランド円スワップ戦略ルールその1の続きなので、未読の方はそちらもご覧になっていただきたい。

ルイ : わかりました。それではさっそくですがルール2お願いします。

キア : うむ。基本的にレバレッジ1倍でランド円を購入していくわけだけど、実際1倍というのは効率を考えても最良の選択だとは思っていない。かといって3倍まであげるとゆったりスワップ運用というにはリスキーだ。

ルイ : つまり2倍がベストだといいたいわけですか?

キア : そのあたりはもちろん個々の考え方によるわけだけど、個人的には1~2倍のどこかにおさまればいいかと思っている。例えば今は1.2倍だけど、あるタイミングでは1.6倍とか。けど感情を加えたポジションにすると暴落時に今がチャンスとばかりにポジションが増えてそのままドボンというケースもありうるので、あくまで最大でもレバレッジが2倍になるようなルール作りにしたかった。

ルイ : つまりどういうルールになるんでしょう。

キア : こんなルールでどうだろうか。

ランド円スワップ戦略ルールその2

現在のポジションの0.1円下に変更用のポジションを追加する。


ルイ : 意味が分かりにくいんですけど・・。

キア : 具体的にいこう。例えば1週目に9.6円新規でポジションをとれたとする。そのまま円安になれば利益が為替差益が出るんだけど、長期目線なので安くポジションをとるということも重要なわけだ。そこで9.5円新規でも指値を入れておく。

ルイ : 9.5円が刺さった時点でレバレッジが2倍まであがるわけですよね。

キア : なので、その後9.6円新規のポジションを9.6円で指値決済の注文を入れておく。こうすると9.6円まで戻った時に9.5円でポジションをとったことになるわけだ。

もちろん9.6円での決済ができたあとであれば、1週目のポジションは9.5円ということになるので、今度は9.4円新規で指値をいれておく。

ルイ : こうやって平均取得単価をさげるわけですね。

キア : 注意したいのはそのまま9.3、9.2円と円高が進んだとしても、9.5円で決済できない限り追加の注文はしないということだ。これを順守すればレバレッジが2倍を超えることにはならない。

そして翌週9円になっていたとすると、2週目のポジションとして9円をもつことになる。こうやって追加していけばポジションの平均レートが現レートに近いものになるし、スワップもたまっていくのではないか、と考えている。

ルイ : ちょっと今回記事が長めだったのでここまで読んでくれてる人がいるのか疑問ですけど、今のところ順調なのでしばらくこのまま続けていきましょう。

人気ブログランキング ←リアルな状況の画像が見たい人はクリック!
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

No title
おはようございます!
私もランド円で積立をしています。私は月に3万をレバ2倍で買ってます。長期投資なので、あまりレートは気にしていませんが、やっぱり安いほうがいいですよね。あとは、含み益が出ている時にどうするかですね。タイミングが良い時に決済すればスワップの数年分の利益も出ますからね。悩みどころです…。
No title
たしかについこのあいだまで11円を超えてたりして、あそこで決済できてれば・・・ってカンジですよね。

けどそれは結果論であって、考えても意味がないので確実にスワップを貯めていこうかと思います。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。