キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一撃必殺か細かく攻めるか

2012.08.10 (Fri)
キア : 今日はトラリピのポジションのサイズについて、考えてみたいと思う。

ルイ : どうぞ。

キア : 例えばだけど、いま1lot分投資できる余裕があるとする。で、豪ドル円の現在のレートが82円だとする。この時、どちらも50銭上で利益確定の指値を入れるとして、81.5円で買を1lot入れて指す場合と、81円から81.9円まで0.1lotずつ10銭刻みで指す場合、どちらの方がいいのか、という話なんだけど。

ルイ : うーん。まずリスクに関しては大局的に見た場合、ほとんど変わらないですよね。問題はリターンなわけですが。

キア : リターンは前者が1回リピートした場合5000円に対し、後者は500円だ。つまり前者が1回リピートするペースと後者が10回リピートするペースが同じだと、収益的にはほぼトントンになるわけ。

でも、やっぱり細かくした方が長期で見たときにペースアップする気がするんだよね。

ルイ : 攻め方を少し変えるわけですね。

キア : ただあまり細かくしすぎても手動トラリピだと面倒になるだけだから、1日2~3回リピートするくらいがちょうどいいかな。とりあえずメインの豪ドル円はほぼ固まってるんで、ランド円にもう少し手を加えていこうと思う。

今日は何言ってるかあまり伝わらないかもしれないな。駄作だぜ・・・。

ルイ : そういえば恐怖の円高が襲ってきませんね。

キア : 82円台でウロウロされるとトラップが少ない設定なんで、あまりうまみがないんだよね。今週末は微妙な報告になりそうだわ・・・。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。