キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラリピのデメリット

2012.06.01 (Fri)
キア : トラリピにおける恐怖ってのは理解してるかね?

ルイ : 投資経験ないんでよく分かりません。

キア : トラリピってのはさ、ぶっちゃけナンピンなんだよ。

ルイ : ナンピン?

キア : 説明しよう。

ナンピンとは、予想に反して相場が動いたときに、平均売買コストが
有利になるように追加売買を行うこと。収支がプラスとなるレート
までの値幅が小さくなるため、損失を防げる場合もあり、
さらに上手くレートが動けば大きな収益が得られる。

ルイ : 出ましたね。得意のコピペ。
具体的な例で説明してほしいな。

キア : 今の状況からの具体例でいくと、86.5円で1000通貨買って
います。0.5円上昇して87円になれば決済して500円ゲット。

逆に0.5円下がれば86円でさらに1000通貨買います。
これによるメリットは何かというと、損益分岐点が下がる
ってことです。

つまり、「86.5円で1000通貨のみ」もっている場合、86.5円のラインが
プラスマイナスゼロの位置なんだけど、「86円で1000通貨追加した」
場合は、86.25円がプラスマイナスゼロになるよね。

ルイ : そうですね。いいじゃないですか。

キア : たしかにこれはナンピンによる大きなメリットでは
あるんだけど、デメリットを考えなきゃならない。

ルイ : いいことばかりではないってわけですね。

キア : もちろんだ。損益分岐点が低くなったかわりに、
ポジション量が2倍に増える。つまり、リスクが2倍にアップする。

基本的にトラリピはこのナンピンをやりまくるっていう手法
なので、相場がさがりまくってくると、ポジション量が
増えまくってくる。その増えまくったポジション量を
放置しておかないといけないわけだから、これは裁量で
やる場合に自分が許容できる分じゃないと、とても
落ち着いていられない。

ルイ : だからこそのマックス3万通貨なんですね。

キア : ふむ。たしかにショボイとは思うかもしれないが、
実際今はその程度の器なんだから仕方がない。

ルイ : 早くマックス10万通貨とかでできるようになりたい
ものですね。

キア : 5年くらいかかりそうだな・・・。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。