キアブロ~トラリピと節約と子育て~

FX(外国為替証拠金取引)の手法の一つ、手動トラリピ。さらに長期投資としてのスワップ運用。これらの資産運用で「収入」を増やしつつ、節約によるコスト削減で「支出」を減らし、貯金1000万を達成。ただ住宅ローンという名の借金が貯金額以上にありますが(照

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプレッド2銭ってどうなの?

2012.09.06 (Thu)
キア : 今日は少しスプレッドについて話を進めていこうと思う。

ルイ : 基礎知識編的なアレですか?

キア : そうだけど、単に「スプレッドって何?」ってレベルで終わるつもりはないので、とりあえず聞いてほしい。まずはこの図を。

スプレッド


キア : これは外為どっとこむの豪ドル円のレートだけど、80.34が売値で80.36が買値ってことを意味している。

ルイ : 豪ドルが欲しい時、80.36円出せば1豪ドルと交換できる、つまり80.36円=1豪ドルの関係が成り立つわけですね。

キア : そういうこと。まあ実際にはほとんどの業者が1000通貨が最小購入単位なので、1000通貨買いたい場合は80360円必要になるってことだ。このレートは秒単位で変化していくんだけど、もし買った瞬間に売るとすると、80340円となって20円損することになるよね。

この売値と買値の差をスプレッドといい、FX業者の儲けになる部分なわけだ。

ルイ : なるほど、買った瞬間マイナスになるわけですか。この場合でいうと、1通貨あたり0.02円分ってわけですね。

キア : そうなんだけど、0.01円=1銭ってことで、「円」ではなく「銭」を使って表すのが普通だ。上のケースだとスプレッド2銭ということになる。ちなみに1銭のことを1pipsというので、そちらもあわせて覚えておいてくれ。

例えば豪ドルを80円で買い、80.5円で売れれば「50pips抜いた」とかいうわけだ。

ルイ : それって「50銭抜いた」でいいじゃないですか。なぜわざわざ「pips」とか使うんですか?

キア : FXってのは円を介した取引だけじゃないからね。「豪ドル円を買う」っていうのは「円を売って豪ドルを買う」ってことだけど、「ユーロドルを買う(ドルを売ってユーロを買う)」とかもあるんだよ。まあ基本的には円を介した取引がメインだから、このことはそれほど気にしなくていいけど、理由としてそんな感じかな。

ルイ : 分かりました。しかしまさか2007年生まれの僕が「銭」という単位を使うことになるとは思いませんでしたよ。昭和じゃないんだから。

キア : えっと、誤解しないでほしいんだけど、俺が生まれた時代でも通貨の最小単位は「円」だからね・・。で、このスプレッド2銭について、どういう印象をもつかな?

ルイ : ないも同然っていうかそんなはした金でいいの?ってカンジですね。1通貨あたり2銭とかじゃなく、1円くらい払ってやりますよ、僕なら。

キア : 実際に銀行とかだとそれくらいスプレッドが広いって聞いたことがあるけど、たしかにスプレッドが1円とか言われても、安いって感覚を持ってしまうよね。でもこの1円というのがどれほどの衝撃か、次回話していきたいと思う。

ルイ : なんか数日前の記事と同じ展開になってきた気がするんですけど。

キア : 気のせいだろ・・・。
関連記事

コメント

最近は
低スプレッドの業者がどんどん出てますね。

確かにスプレッド5銭と1銭では結構違うように思いますが
0.3銭と0.5銭ではどうなんでしょう?

理論的には差が出るはずなんですが、現実にはこのレベルになると約定力のほうが大きいような気がしますが、どう思われますか?
スキャルピングじゃない場合約定力はほとんど関係ない気がします。

今のところSBIFXトレードでは不利なレートで約定することもないし、むしろ決済時にはより有利なレートで決済してくれたりでかなりいい感じですよ。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。